2017年6月16日 (金)

2017春のツーリング!(5日目)

Topimage5

 

 

 ツーリング5日目、この日は庄内夕日の丘オートキャンプ場から山形県内の主要都市を通過して米沢市まで走りました。

 

 

Photo

 キャンプ場では就寝時刻が早いこともあり、午前5時前に目が覚めてしまいます。

 いや、単に加齢によるものという噂もあるようですが・・・。

 早朝のキャンプ場内を見渡すと、昨晩暗くなってからやってきた二人組のライダーさん達のテントがありました。

 広島県から東北一周ツーリングにやってきたとのこと、同年配のお二人でしたが、みんな頑張っています。

 

 

Snapshot14

 朝食をとっていたら、昨晩駐機していた飛行機が動き出し、離陸のスタート地点へと向かい始めました。

 

 

Snapshot17

 午前8時前、撤収作業していたら飛行機の大きな音が聞こえてきたので慌ててカメラを構えると、羽田からやってきた機がまさにランディング!

 

 

Dsc01288

 キャンプ場から東へ向かい、まずは新庄市を目指します。

googleナビのとおりに走ろうとすると交通規制にかかり、迂回したら、その後とんでもないルートを示されて大幅に遅れてしまいました。

 

 

Photo_3

 それでも、広い水田に雪山が映った光景を見ながら走っていると、穏やかな気持ちになれます。

 

 

Dsc01298

 最上川を左手に見ながら国道47号線を走っていると、新庄市内に入ってきました。

 中心部をぐるりと回わり、街の雰囲気を確認しただけで出発、国道13号線を南下します。

 

 

Img_2077

 将棋の駒の生産で有名な天童市へとやってきました。
将棋と言えば、中学生の藤井君、すごいですねえ。

 写真は道の駅天童温泉、ここでしばらく休憩です。
ただ、足湯に浸かる気分にはなれず・・・。

 

 

Dsc01312

 次に向かったのは、通称山寺、立石寺です。

 到着するまでは、平素から登山で鍛えしこの健脚、山寺ごときの高さはお散歩程度だろうと、参拝の意欲は満々だったのですが、いざ着いてみると、この暑さの中、あの上まで歩いて降りたら汗が噴き出るだろうなあ・・・とか、さっきまでの意欲はどこえやら。
 

 結局、駐車場、土産物屋が立ち並ぶ一画をぐるりと回ってお山をパチリ、すぐに失礼いたしました。

 情けない・・・。

 

 

Dsc01342_2

 そして、本日の宿がある米沢市へと到着しました。

 まず、最初に向かったのは「米沢城跡」です。

 戦国時代には、あの伊達氏の本拠地が置かれ、江戸時代には上杉景勝などの歴代米沢藩主が居住した城があったところです。

 明治に入って廃藩置県により、城の建物はすべて壊されたとか・・。

 

 

Dsc01346_2

堀内は、上杉神社などが立ち、周りは美しい公園になっています。

 

 

Dsc01353_2

 城跡の東に大きな建物がありました。

寄ってみると、ここは米沢市上杉博物館でした。

 

 

Dsc01319_2

 ラッキーなことに、この日5月18日は「国際博物館の日」だとかで入館料が無料!!!そりゃ入りますよ。

 館内には、国宝の上杉本 洛中洛外図屏風の原本が展示されていました。
こういうものにまったく造詣のない私でも、その素晴らしさに圧倒され、しばらくの間、目を凝らして見入っていました。

 

 

Img_2086

 本日のお宿は「ホテルモントビュー米沢」、裏側の1階が駐車場になっており、バイクもその一角に停められるようになっていました。

 ここで、頼まれたお土産の発送など、いろいろと雑用を済ませた後、隣にある大きな居酒屋で一杯、食事です。

 翌日は、いよいよ今回のツーリングのメインイベント、「磐梯吾妻山スカイライン」を目指します!

 

 

 この日の総走行距離は206km、どうりであまり疲れていないなあと感じたはずです。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

NC750X乗りさんと角島までひとっ走り!

E4991ae90d4349f0a86e5f08a10d75c0_ed

 

 

 「山口のNC750X乗りさん」からお誘いがあり、日帰りツーリングに出発です!

 行先は角島でもと思っていましたが、午前9時にいつもの場所に集合して相談した結果、今日は関門海峡を渡って平尾台辺りまで行ってみようかということに。

 ところが、インカムのペアリングがうまくいかず、結局同期できないまま出発、出発時間が遅れ、しかも国道2号線は遅いトラック軍団に阻まれてノロノロ運転、山陽小野田市のGSにて再検討の結果、毎度お馴染みではありますが角島に向かうことにしました。

 

 

Img_2272

 まずは、小月バイパスを降りて、本州最西端の毘沙ノ鼻に向かいます。

 最短ルートをgooglemapのナビに従って走りますが、これがまたとんでもないルートを選択してくれて・・・。

 先日の東北ツーリングで懲りたはずなのに、またまたgooglemapナビにやられてしまいました。

 

 

 

448e6b32f42f4aafa56314095ca97863

 山道、田んぼの中の道を右左と走らされ、しかも川棚から南下させられてようやく目的地に到着です。

 ここは二度目ですが、NC750Xさんは初めてとのこと、ライダーは、どういうわけか端に行きたがる?

 

 

Img_2279_edited1

 そして、目的の角島に到着です。

 今回は、定番の撮影ポイントはパス、真っ先にお気に入りの風の公園へとやってきました。

 ここは私のお気に入りの場所ですが、角島まで来ても寄らずに帰る人、また、ここを知らない人が多い、NC750Xさんも初めてとのことでした。

 コンビニで昼食を調達していたので、GSRS君達をここに停め、この先の東屋まで海を見ながら歩いて昼食、さわやかな風を浴びながらしばらく休憩です。

 

 

 今回のルートは上の地図のとおり、総走行距離は200kmを越えていました。

 NC750Xさん、お疲れ様でした!

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

2017春のツーリング!(4日目)

Topimage4_edited1

 

 

 ツーリング4日目は、新潟市から山形県酒田市まで走ります。

 

 

Photo_2

 新潟駅前のホテルを午前7時半に出発、国道7号線に入り北を目指します。

 胎内市に入り、国道113号線を東に向かい、本日最初の目的地「渡邊邸」に到着です。

 

 

Photo_3

 関川村役場の向かいにある「渡邊邸」は、国指定重要文化財となっている3,000坪の敷地に500坪の大邸宅です。

 広い土間、高い天井、重々しい梁組み、いろりのある茶の間、趣のある庭園など、いわゆる豪農の大邸宅の一つです。

 

 

Photo_4

  「渡邉家の初代は村上藩主の家臣で郡奉行として活躍し、その後、渡邉家の子孫は、廻船業や酒造業、新田開発などで富をなし、財政難に苦しんでいた米沢藩に幕末まで融資をして、米沢藩勘定奉行格の待遇を受けました。全盛期には75人の使用人を抱え、約1,000haの山林を経営、約700haの水田から10,000俵の小作米を収穫したといわれています。」と村のHPに掲載されています。

 

 

Photo_5

 広大な庭には、大きな蔵がいくつも立ち並んでいます。

 

 

Photo_6

 屋敷の内部は、いったいいくつの部屋があるのやら?迷子になりそうですが、客間にはたいそうな襖絵もありました。

 

 

Photo_7

 庭園もすごい!
まるで、京都の名のある寺院の庭園のようです。

 建物は当然年代ものですが、朝一番に見学したせいか?
おばさん達がピカピカに床や柱を磨きあげていました。

 

 

Photo_8

 山形県に入り、鶴岡市の鶴岡公園に向かいました。
ここは、鶴ケ岡城の跡地につくられた城址公園です。

 写真の美しい建物は大宝館、大正天皇の即位を記念して建てられた赤いドームと白壁が特徴の洋風建物で、開館当初は物産陳列場、戦後は市立図書館、現在は鶴岡が生んだ先人たちの資料館となっているようです。

 

Photo_9

 敷地内には、我が家の奥さんが好きな藤沢周平さんの記念館があります。

ぜひ寄ってほしいと言われていたのですが、残念なことに水曜日で休館日でした。

 

 

Photo_10

 これは庄内神社、旅の安全を祈願しました。

 

 

6

 鶴岡市内で昼食、給油を済ませて、本日の宿「庄内夕日の丘オートキャンプ場」に向かいます。

 鶴岡公園からわずか15kmの距離ですが、北に向かうにつれて、目の前の鳥海山が大きくなってきました。振り返ると、雪を被った月山が見えます。

 これぞ東北の春の風景です!
こんな美しい風景を見ながら走っているのですから、毎日300KMオーバーの走行も苦になりません。

 

 

Photo_11

 キャンプ場に到着です。

 正面のきれいな建物に受付、洗い場、トイレ、シャワーなどがあり、設備は満点です。
 それでいて、ゴミ捨てもできてライダーの利用料は300円、ありがたいキャンプ場です!

 ライダー達のエリアは写真の辺り、奥側にはファミリー用のオートサイトが拡がっています。

 

 当初の計画にはなかったのですが、鳥海山を眺めながら走っていたら、また鳥海山スカイラインを走りたくなってしまい、大急ぎで設営して身軽になったGSRS君で鳥海山へと向かいます。

 

 

Snapshot12

 酒田市を北上、右手に鳥海山が近づいてきました。

 鳥海山スカイラインにはゲートがあり、午後5時には閉まってしまうので、前回の東北一周ツーリングでセロー君で走った時は大慌てだった記憶があります。

 今回は、前回ほど時間的に厳しくはないので、真っ青な空、両側の白い雪の壁を見ながら、のんびりと景色を楽しみながら走ることができました。

 

 

Photo_12

 大平山荘まで上がってきました。
ここから上は、雪が残っています。

 

 

Snapshot10

 鉾立山荘展望台を目指し、さらに上ります。
両側は雪の壁が残っています。

 5月の東北は最高で~~~す!

 

 

Photo_13

 鉾立山荘に到着です。

 

 

Photo_14

 広い駐車場は除雪してありますが、雪の壁はまだこんなに高い!

 残念ながら鳥海山山頂は見えません。

 

 

Photo_15

 近くのイオンで食料等を調達してキャンプ場に戻りました。

キャンプ場の名前のとおり、いい雰囲気の夕日です。

 

 

Photo_16

 お隣は、宮城県の松島からやってきたBMWのR1200RTさんです。

オーバー300万円の超高級車、まだピカピカでした。

 東北の方なので、なぜ新潟県の道路は赤いのかという疑問をぶつけてみたら、「宮城県にはないので推測ですが、おそらく道路の雪を解かす水を地下からくみ上げるので、水に含まれる鉄分の影響で赤くなっているのでは?」とのことでした。納得です!

 家に帰って調べてみたら、大正解でした!

 生涯乗ることはないと思うけど、BMWの魅力など、いろいろと話を聞かせて頂きました。ありがとうございました。

 ただ、話かけたタイミングが悪くて、焼いていた鶏肉が炭になってしまい、申し訳ありませんでした。

 

 

Photo_17

 キャンプ場は、庄内空港の隣り、目の前に滑走路が見えます。

 東京羽田まで1日4便、ボーイング767-300、エアバスA321、A320が就航しており、飛行機ファンにはたまらないロケーションです!

 残念ながら午後4時55分着の便は、鳥海山からの帰りが間に合いませんでした。

 最終便は、午後9時20分到着ですが、テント内で着陸の音だけを聞いていました。

 

 

 本日の総走行距離は、315kmでした。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2017春のツーリング(3日目)