2018年8月16日 (木)

2018夏 北海道ツーリング!(6日目)

Snapshot2_edited2

 

 

 山口を出発してから、早6日目の朝を迎えます。

 

 

Img_4254

 愛車GSRS君は屋外駐車、奥に見えるのがお世話になった民宿です。

 早朝に小雨が降ったようで、朝食前に積載準備に出てみたら、GSRS君はずぶ濡れになっていました。

 

 

Img_4261

 朝食を済ませ、まずは野付半島を目指し出発です。

 今朝もずっと霧雨、レインウェアを着るほどではないけれど、ヘルメットのシールドはすぐに水滴だらけ、視界も悪く快適なツーリングとは言えません。

 でも、北海道の東部の朝は、いつもこんなものと、昨晩の出張のおじさんが言っていたなあ。

 道の駅「おだいとう」で一休みです。

二階には、別海北方展望塔があると書いてありましたが、この天気では北方領土は見えるわけもなく、すぐに出発します。

 

 

Img_4265_2

 野付半島に入りました。

 この半島の最も狭い所は、幅がわずか50m程度とか、フラワーロードとありましたが、残念ながらエゾカンゾウはチラホラ、やはり時期が遅いのか?

 最初に止まったのが「ナラワラ」です。

 

 

Dsc04372

 先に着いていた観光客のおじさんが、はるか先の向こう岸に鹿がいると話しているのが耳に入り、眼を凝らして見たけれど、よくわかりません。そこで、デジカメの望遠で覗いてみたところ、確かにエゾジカがいました!

 ここナラワラは、海水に浸食され風化したミズナラが立ち枯れたまま残っており、緑の中に白骨化されたような木が立ち並ぶ不思議な風景になっています。

 

 

Dsc04379

 その先にあるのが「野付半島ネイチャーセンター」です。

 さらにその先には、原生花園があるのですが、さきほどの花の状況から、あまり期待できないと思い、ここから引き返すことにします。

 ネイチャーセンターの案内板を見ていたら、明日の日の出時刻がなんと午前3時55分!やはり、北海道の朝は早い!

 

 

Dsc04383

 このセンターの横から、海水に侵食され立ち枯れたトドマツが並ぶ「トドワラ」への遊歩道がありましたが、これもパスします。

 やはり、青空が出ていないと、何となく気乗りがしません。

 

 

Img_4268

 野付半島を引き返し、知床半島へと入ってきました。

 道の駅「知床・らうす」で休憩、昼食タイムです。

 

 

Img_4270

 民宿の朝食で、ご飯を食べ過ぎたせいか、あまりお腹が減っていなかったので、どうしようかと悩んでいたら、人気ナンバーワンと書いてあったのがこの羅臼ラーメン、若干の不安を感じながらも注文します。

 そして、スープを一口・・・、残念ながら自分の好みには合いませんでした。やはり魚臭いスープは苦手です。売りは、昆布を練り込んだ緑色の麺のようですが、これも正直・・・。

 やっぱり、山口県人の私には、とんこつベースのラーメンが一番!こればかりは、好みですねえ。

 

 

Img_4272

 食事が済んで、いよいよ知床横断道路に入ります。

 この道は、ライダーさんによる絶景ロードのベスト10に入る人気の道、これまでは車でしか走ったことがなく、今回が初めてのバイクでの走行となります。

 知床峠の手前から、お天気おじさんの願いが通じ、ついに青空が現れてきました!

こうなったら、胸にカメラを付けて動画の撮影も開始です!

 そして、知床峠に到着、正面に見えるのは、日本百名山の一つである羅臼岳です。

 

 

Dsc04394

 峠から羅臼方面を眺めてみますが、残念ながら北方領土は見えません。

天気がよければ、このプレートのように、国後島などが見えるはずなのですが・・・。

 

 

Img_4276

 峠から気持ちよく降りてきて、着いた所は道の駅「うとろ・シリエトク」です。

ちなみに、「シリエトク」とは、アイヌ語で大地の突端という意味とのこと、先ほどらうすの道の駅で出会った原付二種のおじさん達もいるようです。

 青空になったのはいいけれど、暑い!

北海道上陸後、初めて暑いと感じました。道の駅に入ると、おいしそうなソフトクリームを販売していたのでペロリ。

 

 

_moment

 知床横断道も走ったし、さて、今日の宿泊地はどこにしよう・・・?

 今日こそはキャンプ場に宿泊しようと考えていたので、さてさて、網走湖畔の呼人浦キャンプ場にするか、それとも、屈斜路湖畔の和琴半島湖畔キャンプ場にするか・・・?

 思案しながら斜里町を走っていたら、「天に続く道」への案内板が目に入り、スタート地点へとやってきました。

 この、天に続く道は、国道334号線、244号線の全長約18kmの直線路、名前のとおり、まっすぐな道がはるか遠くまで続き、その先が天まで続いているように見えました。

 上の写真は、超ワイドな動画から切り出したものなので、肝心な天に届く状況がお伝えできず残念!

 立派なスタート台が作られているのにはびっくりです。

 

Snapshot4

 この辺りから、望遠レンズで撮影していたら、かなり感じが出たかも?
やはり、横着をせず、バイクを停めてコンデジを出して望遠で撮影すべきでした。

 反省!

 右手に見えるのは、「名もなき展望台」という名の展望台です。

 

 

Dsc04409

 思案の結果、本日のお泊りは、屈斜路湖畔のキャンプ場に決定です!

 国道244号の直線路から清里町方面に入り、左手に斜里岳と広々とした畑の風景を楽しみながら国道391号線を走ります。

 

 

Img_4281_edited1

 5年振りに和琴半島湖畔キャンプ場に帰ってきました。

 

 

Img_4301

 やはり人気のあるキャンプ場です。早めに到着したのに、すでに売店、トイレ、水場に近い方は、ライダーさん達のみならず、今回も大きなファミリーテントが並んでいます。

 

 

Dsc04420

 ということで、かなり露天風呂からも遠くなってしまいましたが設営を完了、ここから眺める屈斜路湖の湖面は、いつもおだやかです。

 このキャンプ場で、唯一不便なのは、近くにスーパーやコンビニがないこと、設営後、弟子屈の街近くのコンビニまで食料を調達に走ります。

 夕食後は、露天風呂に浸かり、今日も超早めの就寝です。

 

 

Root

 

 

 本日の走行距離は、およそ340kmでした。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

2018夏 北海道ツーリング!(5日目)

Img_4223

 

 

 北海道上陸3日目です。

 昨晩は、走行距離も短く、早く宿に帰ったので、無料の洗濯機、乾燥機で洗濯もできたし、のんびりと過ごすことができました。

 

 

Img_4207_2

 ライダーさん達の朝は早い!

 午前7時前だというのに、ほとんどの宿泊客は出発済みで、駐車場に残っていたのは、我が愛車GSRS君ともう1台のみ。

 

 本日の目的地は、今回のツーリングの最大の目的である根室半島、納沙布岬に向かうこと!

 

 

Img_4212

 帯広市内を抜けると、信号のない快走路が続きます。

 今朝も朝霧で遠景は真っ白、ヘルメットのシールドには細かな霧の粒が纏わりついて取れず、グローブで何度も何度も拭いながら走ります。

 

 

Img_4215

 釧路を過ぎて、風連湖の傍を走っていた時、道路沿いに大きな望遠レンズを付けて撮影していたカメラマンがいたので、何を撮っているのか?とその方向を見ると、なんとそこには丹頂鶴が!

 先を急ぐので、とりあえず遠い所にいる鶴さんの姿だけでもとスマホのカメラでパチリ!

豆粒みたいで、何を撮影したのかわからない?

 

 

Img_4217

 午前11時過ぎに根室市街地にある回転寿司の「花まる」に到着です。

まだ時間が早く店内は空いていたので、ゆっくりとメニューを眺めます。

 価格は、全国展開の著名な回転寿司店よりは高めですが、平素見たことのないメニューが目につきます。

 注文は、タブレットではなく、口頭か注文票に書いて渡します。

 さすがに北海道、回転寿司もおいしい!

 

 

Dsc04270

 納沙布岬までは、行きは根室半島の南側を走ります。

そして、念願の納沙布岬に無事到着です。

今回の北海道ツーリングは、このためにやってきたと言っても過言ではありません。

思い出せば初めての北海道ツーリング、知床から根室半島を目指したのに防寒対策を甘くみたせいで、その寒さに耐えきれず断念、あれから5年、ついにやってきました!

 

 

Dsc04254

 残念だったのは、歯舞諸島など、北方4島は残念ながらまったく見えず・・・。

 

 

Dsc04257

Dsc04260

 望郷の塔 オーロラタワーです。

視界が悪く、北方四島は見えないので、上がりませんでした。

 

 

Dsc04266

 岬には、たくさんの北方領土返還に関するモニュメント、石碑などが並んでいました。

 

 

Dsc04256

 これは、「北方館 望郷の家」、北方領土問題の発生の状況や歴史的経緯を展示資料によって閲覧できます。

 

 

Dsc04281

 そして、これが四島返還の署名コーナー、勿論署名してきました。

 

 

Dsc04285

 一画に作業中の人達が・・・。

 

 

Dsc04284

 見てみると、地面にわかりやすい地図を貼り付けていました。

 

 

Dsc04306

 帰りは、根室半島の北側の道を走ることにします。

 行きに走った南側は、時折街並み、人家がありましたが、こちら側は、右手は海、左手は大平原が拡がっています。根室半島の先がこんなに広々とした北海道らしい風景になっているとは意外でした。

 気持ちよく走っていたら、「北方原生花園」の案内が目につき、寄ってみることにします。

入り口のゲートには、ポニーが放牧されているので、戸を閉めてくださいとあり、確かに中に入ると、可愛いポニーの姿が!

 このポニー、木道の上を律儀に歩くのが可愛くてたまらない!でも、なんとなく寂し気な目をしてる?

 

 

Img_4234

 離れた場所には、かなりの数の馬がいました。

掃除をしていたお姉さんに聞くと、上の写真のポニーはいつも1匹だけ離れているとのこと、仲間外れにされているのか?それとも孤独を好むタイプなのか?

 

 

Dsc04314

 行きに気になって止まった風連湖の丹頂鶴、まだあのカメラマンが撮影を続けていました。

 今度は、きちんとコンデジを出して望遠で眺めてみることします。

 画面の左下に何やら茶色の物体が・・・? 

 

 

Dsc04317

 じっと眺めていたら、頭を上げてくれました。

可愛い丹頂鶴の雛だったのです!生後何か月くらいでしょうか?

 

 

Dsc04320

 さらにカメラを向けて眺めていると、二羽の親鳥が並び、その間に雛が・・・。丹頂鶴の一家を撮影することに成功です!(雛の頭が出ていないのが残念!)

 それにしても、通りすがりの国道沿いで、こんな風景に出遭えるとはラッキーでした。

 やはり丹頂鶴は見栄えがして美しい!

 

 

Dsc04322

 本日の宿は、霧多布の浜中町にある「民宿わたなべ」です。

納沙布岬からは、およそ90km引き返すことになります。

 前日の計画では、釧路、霧多布周辺をのんびりと散策してこの民宿に泊まり、翌朝に納沙布岬に行こうと思っていたのですが、北海道マジックで、あまりに早く霧多布に到着してしまったので、そのまま納沙布岬まで走り、引き返すことになったわけです。

 

 

Dsc04337

 霧多布大橋を渡り、霧多布岬やアゼチ岬を回ってみました。

不思議なのは、ここは島?それとも半島?

 橋を渡らないとここに入ることはできないので現在は島なのでしょうが、ちょっと調べてみたら、昔は島だったのが土砂の堆積でつながり半島となり、チリ地震の時の津波で再び島になったとのこと、いやはや不思議な地形です。

 

 

Dsc04353

 霧多布湿原を横断するMGロードを往復し、琵琶瀬展望台にやってきました。

 

 

Dsc04355

天気が今一つなので残念ですが、ここからは霧多布湿原全体が見渡せます。

 

 

Dsc04360

 午後5時前に「民宿わたなべ」に到着、道路をはさんだ民宿の反対側は「エゾカンゾウ」の群生地らしいのですが黄色の花はほとんど見えず、今は「ヒオウギアヤメ」が咲いていました。

 民宿のおかみさんによると、今年はエゾカンゾウの開花が早く、もう終わってしまったとのこと、残念!

 

 

Img_4249

 本日の夕食です。

ホタテにカキに、花咲ガニです!ちょっと豪華な食事となりました。

 左隣には高齢者夫婦、右隣には仕事で泊まっている50年配の男性、食後もみんなで会話が弾みました。

 この仕事でやってきた男性、酒も飲むけど甘いもの大好きということで、私が持て余していた三方六の切り落としの話をしたら、快く引き取ってくれました。

 毎日1枚ずつ、食べるのかなあ・・・?

 波の音を聴きながら、本日も快眠です。

 

 

5

 本日の走行距離は、およそ380kmでした。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

2018夏 北海道ツーリング!(4日目)

Dsc04093

 

 

 北海道上陸2日目、バイクステーションで朝を迎えました。

 2段ベッドではありましたが、夜は涼しくて快適、朝までぐっすりと眠れました。

 

 

Img_4171

 朝食を済ませ、すぐに向かったのがここ、三方六(バウムクーヘン)で有名な「柳月スィートピア」です。

すでに、県外ナンバーの車がたくさん並んでいます。大きなキャンピングカーが並んでいるのにはびっくりです!

 すでに報告済みですが、ここに来た目的は三方六の切り落としをゲットすること!

 ライダー達のブログで有名になっていましたが、さらにテレビで放映されたとかで人気となり、午前8時半に札が渡されるのに、最近では1時間以上前から並んでいる人達がいるとか・・・?。 

 

 

Img_4178

 午前8時半に到着して並ぶこと1時間、幸いなことに前に並んでいた高齢者夫婦と旅行のこと、山のことなどを話していたら、結構時間が潰せ、無事1kg入りをゲットできました。

 写真は、ようやく午前9時の開店となり、ゲットした札をお金を払って品物をもらっているところです。

 開店時には、観光バスが大勢の中国からの観光客を運んできて、大賑わいです。

 

 

Dsc04063

 さて、今日の予定は、今回のツーリングの大きな目的の一つ、十勝のガーデン巡りです!

 北海道ガーデン街道って、知ってますか?

 北海道の代表的な美しい8つのガーデンが集中している大雪~富良野~十勝を結ぶ全長約250kmの街道で、このうち、帯広には5つの観光庭園が存在します。

 今回は、その中から2つを回ることとし、最初に向かったのは「真鍋庭園」です。

 

 

Dsc04079

真鍋庭園の広さは25,000坪、日本庭園・西洋庭園・風景式庭園で構成され、回遊しながら庭を楽しむことができます。

 

 

Dsc04085

 ここは、お花畑ではなくて樹木の庭園で、色とりどりの落葉樹や開拓前から残る古木などもたくさんあって、森林浴を満喫することができます。

 

 

Dsc04061

 散策時間に合わせ、30分、45分、60分のモデルコースが設定されています。

 

 

Dsc04087

 オーストリアのチロルハウスをモチーフに建てられた木造の赤屋根の家、レストランのようですが、内部は非公開とのこと。

 

 

Dsc04107

Dsc04150

 JR帯広駅から南へ車でおよそ15分、午前8時から午後6時までの営業となっています。

 

 

Img_4181

 次に向かったのは、「六花の森」です。

 

 

Dsc04163

 名前のとおり、ここは「六花亭」が経営するガーデンで、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたいと、100,000平方メートルの敷地に十勝六花などが花開き、庭の中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在しています。

 

 

Dsc04165

 ここが入場口、さあ、入場料を払って入りましょう!

 

 

Dsc04169

 十勝六花の一つ、「しらねあおい」です。

 

 

Dsc04179

 そして、北海道と言えば、この「はまなす」、いや「はまなし」が正解だとか・・・?

 

 

Dsc04180

 はまなしの花の横に、このような説明書きがありました。

 納得です!

 

 

Dsc04197

 庭園内には、可愛い小さな美術館が点在しています。

 中には水彩画や色鉛筆画、油絵などの作品が展示してあります。

 

 

Dsc04207

 その中の一つ、六花亭の包装紙そのままが美術館になっています。

 

 

Dsc04213

 ぐるりと回ると、六花亭のお店が見えてきました。
この後ろにお菓子の製造工場もあるようです。

 真鍋庭園も、ここ六花の森も、いわゆるお花畑ではなく美しい森、私の好みから、あえてこの二つを選択したのですが、気温は20度前後、晴天とはいきませんでしたが、本当に気持ちの良い森の散歩を楽しむことができました。

 時間を見ると、もう昼時なので、ここでのおやつは諦めて、食事場所を探して六花の森を後にします。

 

 

Img_4185

 そして、やってきたのがジンギスカンのお店「白樺」です。

 

 

Img_4187

 メニューには、マトンとラムがありましたが、柔らかいラムを一人前、ライスに味噌汁を注文します。

 お肉がちょっと少ないかな?足りなかったら追加しようと思っていましたが、あまりお腹が空いていなかったのか?これで十分足りました。

 さすがに人気のお店、おいしいジンギスカンをいただきました。

 

 

Dsc04223

 十勝の大平原、そこには、畑や牧草地が拡がり、牧場が点在しています。

 帯広市の南西部に八千代公共育成牧場があります。東京ドーム210個分の広さがあるとか?

 その牧場までのんびりと走ってみました。

 

 

Img_4195

 防風林がなければ、どこまでも見渡せそうな畑が拡がっています。

 

 

Img_4196

 帰りに、旧「愛国駅」に寄ってみました。

 昨日寄った「幸福駅」とともに「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで有名になった駅ですが、昭和62年の広尾線廃線に伴って廃駅となっています。

 

 

Dsc04240

 今でも、懐かしがって観光客がやってくるのか?公園としてきれいに整備されており、写真のような切符のモニュメントが目を引きます。

 この愛国駅~幸福駅間の切符、1974年の大ブームの前年には7枚しか売れなかったのに、その後の4年間で1000万枚も売れたとか?

 

 

Img_4199

 そして、最後はここ、帯広に来て「六花亭本店」を素通りすることはできません。

 いつ来ても、必ず全国からライダー達がやって来ています!

 

 

Img_4197

 お目当てはこの「サクサクパイ」、この本店の外は帯広、釧路の3店でしか食べられない!

 時間が経つとパイが中のクリームの水分を吸ってサクサク感がなくなってしまうため、賞味期限はなんとたったの3時間!

 お土産にすることはできず、ここで食べるしかないレアスイーツです。

 無料のコーヒーと共においしくいただき、頼まれていた発送を済ませ、連泊となるバイクステーションに向かいます。

 

 

 

 

Img_4203

 午後5時前にバイクステーション帯広に到着です。

 まだ時間が早いので、駐車場には2,3台のバイクしかありません。

 夕食は、目の前のセブンイレブン、歩いて3分のセイコマートで調達?いやいや歩いて1分のレストラン?周囲には結構たくさんのお店があり、素泊まりの宿ですが、食事に困ることはありません。

 

 

 

4

本日の走行距離はおよそ140km、たまにはのんびりと過ごすのもいいもんです!

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«輸入バイク・チャリティ試乗会に行ってみました。