2018年9月11日 (火)

2018夏 北海道ツーリング(11日目~最終日)

Dsc04723

 

 

 北海道で過ごす9日目となりました。

 今日は、帯広のバイクステーションに泊まり、明後日小樽港からフェリーに乗船することとし、さっそくバイクステーション帯広に予約を入れました。

 

 

Dsc04741

 三泊お世話になった上富良野日の出公園オートキャンプ場を出発、午前7時過ぎにファーム富田に寄ってみました。

 

 

Dsc04742

 さすがにこの時間は、観光客の姿はほとんどなく、爽やかな空気の中でラベンダーなどの花畑の中をのんびりと歩くことができました。

 今朝は、十勝岳連峰の山々が見えます。

 

 

Dsc04753

 ドラマ「北の国から」のロケ地、麓郷へと向かいます。

 まずは、「麓郷展望台」にやってきました。この丘からは、麓郷一帯、十勝岳連峰が見渡せます。

 ただ、眺めは素晴らしいのですが、ここに上がるのにも下るのも未舗装路部分がかなりあり、重量級のオンロード車では気をつかうことになるのでご注意を!

 

 

Dsc04759

 次に、麓郷の森へと回ってみましたが、入場開始時間が9時、30分も待たなければなりません。これまでに何度も中を歩いているのでパスすることにします。

 ここで、天気予報を確認したところ、28日から北近畿、山陰地方の天気が崩れるとの情報が・・・。台風12号も発生、進路が気になるところです。

 やむなく、本日のバイクステーションの予約をキャンセル、小樽~舞鶴の新日本海フェリーの予約をスマホで入れ、急遽方針変更、小樽方面へと向かうことにします。

 

 

Img_4562

 三笠市内を通過中、目に止まったのがこの建物でした。

 道道116号線をはさんだ三笠高等学校の反対側、レストランのようですが、よく見ると「高校生レストラン」とあります。

 以前、テレビドラマで高校生レストランというのがあったのを思い出し、中に入ってみると、可愛らしい高校生の女の子が「いらっしゃいませ!」と声をかけてきて、開店までの時間、開店してからの待ち時間を笑顔で知らせてくれます。

 おじさんは、その初々しさに負け、思わず待ちます!と言いかけましたが、さすがにここで1時間待つのは厳しく、高校生が作るランチを諦めました。

 窓の外から覗いてみると、男子高校生も一緒に調理中、どうやらこの高校に食物調理科があるようです。

 

 

Img_4570

 快調に走っていたら、「北欧の風道の駅とうべつ」と書いた大きな建物が目についたので休憩です。

 中に入ってみると、まだピカピカ、昨年9月にオープンしたばかりのようです。

 

 

Img_4571

 びっくりしたのはトイレ、ご覧のようにずらりと並ぶ小便器のすぐ後ろに手洗い場が設置されています。こんな設計は初めてみました。

 

 

Img_4582

Photo 

 気がつくと、出発してから総走行距離が3000kmを超えています。

 レッドバロン札幌に寄り、オイル交換を済ませます。

 午後2時半に小樽のフェリーターミナルに着いてしまいました。

フェリーの出発は午後11時30分、十分過ぎるほど時間があるので、バイクを駐車場に置き、小樽市内の散歩に出かけることにします。

 

 

Img_4584

 フェリーターミナルから巨大な商業施設ウィングベイ小樽に歩いてきました。

 この施設、今から20年前頃に日本で最大級の大型商業施設として誕生しましたが、以後、客足が伸びず大きな負債を抱え、経営権は転々としたようです。

 しかしながら、今も外観は変わらず運営されており、スーパーや専門店街、映画館、ボーリング場などが入っています。

 暇つぶしに中をゆっくり歩き回っていると、場外馬券発売所もあり、中を覗いてみると、大勢のおじさん達が大型ブロジェクターに見入っていました。

 

 

Dsc04762

 小樽築港からJRに乗り、小樽駅にやってきました。 

 

 

Dsc04763

 今回の北海道ツーリング、本来ならば7月10日出発で、このsmile Hotelに泊まる予定でした。ライダーにはありがたい屋根付きの駐車場に停められ、また、早い時期に予約すると、結構料金も安いのでお薦めです。

 

 

Dsc04768

 小樽運河にやってきました。

小樽駅を降りて、ここまで歩く間、耳に入ってくる言葉はほとんど、いや、全部中国語でした。

 中国にある小樽の街を歩いている?まさにそんな感じです。

 駐車場には観光バスが何台も停まっており、特に運河の周りは中国人観光客の集団でごった返していました。

 北海道最後の夕食となるので、どこか気の利いた飲食店でと思っていたけれど、この状態では有名店はまず無理、ということで、空いていた街外れのファミリーレストランで夕食を済ませます。

 ありがたかったのは、メニューにサラダバイキングが付いていたこと、外食、弁当続きで野菜不足が顕著だったので、サラダだけでかなりお腹がいっぱいになってしまいました。

 

 

<

Dsc04778

 夕食を済ませてフェリーターミナルに帰ってくると、バイクが少し増えていました。

 広島ナンバーのNC750Xがあったので、そのライダーさんを探し、今回の北海道ツーリングの話で盛り上がります。

 山口のNC750X乗りさんは、いつも我がGSR250Sを上回る燃費なので、北海道での燃費は?と聞くと、

  25km/L前後???

 いったい、このおじさんはどんなライディングをしているのか?

話を聞いていると、NC750Xの前車は隼だったとのこと、それで納得です!

 定刻どおり舞鶴港に向けてフェリー「はまなす」は出航、翌日のお天気は晴れ、波も穏やかです。

 写真は、小樽へ向かう姉妹船の「あかしあ」です。全長が225mもあり、航海速力が30ノットを超える高速船ですが、せっかくの所要時間20時間も深夜に出航し、夜中に着いては意味がない?

 

 

Img_4660

 午後9時15分、定刻通り舞鶴港へ到着です。

 ここで、ちょっとしたアクシデントが・・・。

 ライダーさん達が荷物を積んで下船の準備をしている時、なんと私の右側に並んで停めていたハーレーのおじいさんがまさかの立ちごけ!しかも、GSRS君の方へ倒れてきたのです!

幸い、GSRS君に傷はなく、事なきを得ましたが・・・。

皆さん!新日本海フェリーに大型重量級バイクで乗船する時は、緩やかな坂になっているため、下船時のバックが難しいので、くれぐれもご注意を!

 今回は、フェリーターミナルの対面にある「ポートシャインホテル」に泊まります。
 
 このホテル、バイクは広々とした地下の駐車場に停めさせてくれます。夜間は、シャッターが閉まるので、盗難等の心配もありません。

 

 

Img_4681

 翌朝は、午前5時半にホテルを出発、ひたすら国道9号線を走り続けることにします。

 午前9時を過ぎると暑い!

 なるべく信号で止まりたくないので、高速道路、バイパスなど、高規格道路を選んで走り、午後5時過ぎに無事我が家に到着です。

 暑い~~~~!

 

 今回の北海道ツーリングの総走行距離は3,598km、平均燃費は33.8km/Lでした。もう少し燃費が伸びてほしかったところですが、重い荷物、それに名古屋までの高速道路600km走行もあったので、仕方ないかもしれません。

 北海道の夏は、近年異常気象続きで安定したお天気がなく、今回は台風、大雨を覚悟して装備は万全!ところが、今回の北海道も霧雨、小雨には遭遇したものの、結局レインウェアを着ることなく、無事に帰ってくることができました。天気の神様に感謝です!

 

 今回は、写真のようにすべての地域のホクレンフラッグをゲット!

念願のえりも岬、納沙布岬も制覇、これでほぼ北海道の全域を走り回ることができました。

 これからも体力、気力が続く限り、北海道には毎夏行きたいものです。 

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

2018夏 北海道ツーリング!(10日目)

Img_4454_edited1

 

 

 北海道上陸8日目です。

Dsc04643

 上富良野日の出公園オートキャンプ場で迎えた朝です。

 今晩も、このキャンプ場での連泊とし、今日は、荷物を置いて留萌、増毛方面に行ってみることにしました。

 急ぐ旅でもないしと、のんびりしていたらバイク駐車場はご覧のとおり、ほとんどのバイクが出発し、取り残されてしまいました。

 

 

Dsc04646

 留萌、増毛は、オロロン街道沿いなので、通過したことはあるけれど、これまで街中を見物したことがないので、北竜町を経由して向かうことにします。

 途中、北竜町の「ひまわりの里」に寄ってみました。

 

 

Dsc04648

 朝早いので観光客は少な目でしたが、そのほとんどは中国人観光客、場内が広いので、レンタル自転車があるのですが、そこの受付のおじさんの中国語がなかなかのものでした。

 

 

Dsc04660

 入り口付近から全体を見学、ゆっくり歩き回る気にはなれず、先へ急ぎます。

 

 

Img_4423_edited1

 留萌駅に到着です。 

 

 

Img_4420

Img_4422

 留萌の一番の目的は、北海道ツーリングのブログでお馴染みの「蛇の目寿し」、すでに報告済みでしたね。

 ここで、日本一周中のクロスカブのお兄さんと言葉を交わしていると、次々とライダーさんが入ってきました。

 

 

Dsc04671 

 留萌市海のふるさと館に寄ってみました。

 

 

Lrg_dsc04661

Lrg_dsc04668

 この建物があるのは黄金岬付近、かつて日和山やのろし台として使われていた高台にあり、かつてニシン漁に栄えた留萌の歴史に関する所蔵品などが展示されています。

 ただ、寂しいことに、入館者はほとんどいませんでした。

 

 

Dsc04673

 留萌からおよそ16km、増毛にやってきました。

ライダーさん達のバイクが並んでいたので、ここに停めさせてもらいます。

 

 

Dsc04689

 増毛と言えば、映画「駅 ステーション」のロケ地として有名です。

ここがあの高倉健と倍賞千恵子の名シーンが撮影された「風待食堂」です。

 

 

Dsc04700

 このカウンターで、中高年夫婦が健さん達になりきって撮影していました。

 

 

Dsc04703

 平成28年12月5日、多くの町民や鉄道ファンに惜しまれながら廃線となった増毛駅です。

 

 

Dsc04708

 大正10年に留萌と結ぶ重要な交通手段として開通、つい最近まで多くの貨物、人々を運んだのかと思うと、何となく切なくなってしまいます。

 

 

Dsc04714_edited1

 増毛の観光名所と言えばここ、旧商家丸一本間家です。 

Dsc04717

 入場料400円を払って入館します。

 

 

Img_4437

 1階は、呉服店舗や客間、仏間、茶の間などがあり、3階建ての大きな建物です。

 この呉服店舗、映画やテレビで見る時代劇の中の呉服屋さんそのものです。

 

 

Img_4460

 道を走っていると、懐かしい木造の校舎が目に入ったので寄ってみました。

ここは旧増毛小学校、現存する木造校舎としては、道内最大規模のようです。

とりわけ目を引いたのは左側の建物、木造の体育館でした。これは珍しい!

 

 

1

 帰りは、留萌へと戻り、旭川市内から上富良野に戻りました。

 本日の総走行距離は、284kmでした。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

山口のNC750X乗りさんと阿蘇キャンプツーリング!

Dsc04795

 

 

 当ブログですっかりお馴染みになった山口のNC750X乗りさん、これまで何度も日帰りツーリングでご一緒させていただいています。

 その750X乗りさんが先日来、キャンプツーリングに興味を持ち、ネットでキャンプ用品を買い集めているとの情報が・・・?

  そして、ついに今回が750Xさんのキャンプツーリングデビューです!

 

 

Img_4777

 初キャンプツーリングの案内役に私をご指名いただいたので、頼りない?先輩キャンプライダーとして、失敗のないルート、キャンプ場を検討した結果、

 やっぱり、初キャンプは阿蘇に限る!

通い慣れた阿蘇坊中野営場に決定です!

 8月29日午前6時半、山口市内のコンビニに集合です。

NC750Xは防水サイドバッグにトップケースだけ?

あっ、忘れていました。このバイクは、燃料タンク部分に荷物が入るんだった。

 一方、我がGSRS君は、北海道ツーリングと同じ重装備・・・。一泊二日のキャンプなのに?

 見た目は同じでも、トップケースの中はわずかしか入っておらず、ヘルメットやジャケットをいつでも入れられるようにしています。

 毎度のことながら、インカムの同期がなかなかうまくいかず、しばらく手こずったため、出発が10分以上遅れてしまいました。

 

 

Img_4779

 盆を過ぎても、相変わらずの酷暑です。

 下関、北九州の市街地を抜けるのは地獄と判断し、今回は、山口市内から美祢を通過、小月ICから中国自動車道に乗り、九州自動車道、東九州自動車道へと入り、椎田南ICで降ります。

 写真は吉志PA、一回目の休憩タイムです。

 

 

Img_4780

 中津から山国川沿いを南下、青の洞門入り口付近にある耶馬渓橋(オランダ橋)を見学します。さらに、国道500号線に入ると右手にある羅漢寺橋も走りながらチラっと見学します。

 深耶馬渓を過ぎ、10時40分に道の駅「童話の里くす」に到着です。

昼食にはちょっと時間が早かったけど、店内をチェックしたら安くておいしそうな弁当があったので購入、店内の涼しい休憩スペースでいただきました。

 

 

 

Img_4784

 玖珠から九重町役場、町田バーネット牧場へと続く快走路を走り、長者原に到着、やまなみハイウェイをちょっと北上してライダー達の記念撮影スポットに寄りましたが先客があり、撮影は諦めて牧ノ戸峠まで上がってきました。

 長者原、そしてここの駐車場にも結構たくさんの車が停まっています。この暑さの中、登山者がたくさんいるのかなあ・・・?

 

 

Img_4792

 やまなみハイウェイを南下し、瀬の本高原を過ぎ、ミルクロードへと入り、12時15分、ライダーの西の聖地「大観峰」に到着です!

 今日は、阿蘇五岳の涅槃像がしっかり見えています。

 ミルクロードを西へと走り、大崩壊で走れなくなっている「ラピュタの道」入り口でストップ、750X乗りさんと現状偵察です。

 

 

Dsc04804

 赤水に降りて阿蘇パノラマラインを山頂へと上って行きます。

 午後1時半、草千里に到着です!

 

 

Dsc04806

 ロープウェイ駅まで上がって行くと、今日は阿蘇山公園道路が通行可とのこと、いつもの通り百円玉を握りしめてゲートに進もうとしたら、750Xライダーさんの200円と書いてある!との声が・・・。

 そんな馬鹿な?確かにこれまでバイクは100円だったはず・・・。
確かに料金が書いてある看板を見ると200円になってる。いつの間に倍額になった?

 ゲートのおばさんに、料金が2倍になった?と聞くと、「うん」とのこと・・・、復興税が入っているのか・・・?

 

 

 

Dsc04811

 今回は倍額を支払ったおかげか?湯気で見えないことが多かった火口のコバルトブルーが見事に見えました。

 

 

Img_4799_edited1

 このままキャンプ場に降りるのは、あまりに早いので、南阿蘇へ降りるパノラマラインを走り、高森へとやってきました。

 ここは「月廻り公園」、根子岳の姿が美しく見え、私の好きな場所の一つです。

 

 

Img_4814_2

 阿蘇五岳を南から反時計回りにぐるりと回り、午後4時前に本日お世話になる「阿蘇三合目坊中野営場」に無事到着です。

 受付で場長さんが、いつも以上に冗長?
今回、750X乗りさんがキャンプデビューと伝えると、キャンプ場利用の心得から近くのホテルの入浴受付のお姉さんがきれいとの情報まで教えてくれました。
今年は、大幅に来場者がアップしたらしく、それで上機嫌なのかも・・・?

 

 

Img_4811

 自分のテントを張りながら、750X乗りさんの設営状況を時折見ていたら、手こずることなく短時間にテントを張ることができました。とても、初めてとは思えない?

 本日のサイトは、我が組を含め、ライダーが4組、ファミリーが1組、少なくもなく、多くもなく、理想的な環境?これで750x乗りさんも心細くないでしょう。

 出発時点では、翌日も夕方まではお天気が持ちそうだったのですが、夜になって天気予報をチェックすると、明日の山口市は、午前11時から雨・・・・。

  が~~~ん!!!

嘘でしょうと言う感じです。明日は、朝からすぐに一路山口へと向かうことになりそうです。

 

 

Dsc04825

 8月30日、阿蘇のキャンプ場で迎える朝です。

午前5時を過ぎて、ようやく明るくなってきました。

750X乗りさんも起きだしてきたので、スマホで天気予報をチェック、すると、山口市内は午後2時から雨マーク、阿蘇は一日中晴マーク、何ともコロコロと変わるなあ。

 本来ならば、週末から二泊三日で阿蘇を満喫する予定だったのに、週末の天気予報が悪すぎたので、急遽一泊二日のツーリングとなったのですが、さらに一泊1.5日となってしまう・・・。

 

 朝食を終え、テントはそのままにキャンプ場からパノラマラインを上がっていきます。

 このキャンプ場の最大の魅力は、降るような星空と、早朝のパノラマラインの景色です。

 大型バスもライダーもいない広大な裾野の中を走るパノラマラインを独り占め、草を食む牛馬が実に絵になります。

 

 

 

Img_4815

 北海道も素晴らしいけれど、阿蘇のこの美しい風景は、ここにしかありません!

 途中でUターンして米塚を撮影、キャンプ場へと戻り、急いで撤収作業です。

 ここでも、750X乗りさんは手早く作業を完了です。素晴らしい!

 初キャンプの感想を聞くと、思ったよりもよく寝られたし、星空、そして阿蘇の風景は素晴らしい、自然の中で過ごす時間はストレス解消になる!と高評価のようでした。

 ひょっとしたら、これからキャンプツーリングの泥沼にハマっていくかも・・・?

 
 帰りは、往路とほぼ同じルートを走りましたが、途中、霧雨、小雨に遭い、カッパを着たら雨が上がる、脱ぐと降るというパターンに。
 結果論としては、早く帰らずに夕刻到着を目途に阿蘇で走り回っていたら、まったく雨に遭わなかったような気がします。
 
 

 750X乗りさんからの報告によると、総走行距離は633.4km、NC750Xの燃費は何と36km/Lだったとのこと。

 我が愛車GSRS君のメーターでは、総走行距離が632km、帰宅後給油していないので、正確な区間燃費は不明ですが、ツーリング中の2回の給油から想定すると、およそ32~33km/L程度か?

 またしても、恐るべしNC750X!

 GSRS君が大きく水を開けられたのは、やはり高速走行が原因と思われます。

 少々ハードな日程のキャンプツーリングとなりましたが、750X乗りさんの初キャンプツーリングは無事故、無違反、そして好印象で終わったようで何よりでした!

 

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018夏 北海道ツーリング!(8、9日目)