2018年6月 4日 (月)

ちょっと萩までツーリング!

Dsc03876

 

 

 先週末の3日間で四国へのキャンプ登山ツーリングを予定していたのがボツとなったので、土曜日に萩、阿武まで走ってきました。

 なんで萩?

ってことですが、先日テレビのブラタモリで萩を紹介していて、なぜ城下町がきれいに残ったのか等の解説を聞いて感心・・・。

 火山岩である安山岩が街づくりに使われた・・・?

 萩の海に浮かぶ平らな丸い島々は火山の噴火口・・・?

 実に興味深い話を聞いたので、久しぶりに萩の街へ行ってみよう!ということで・・・。

 

 

 

Dsc03836

 ここは、以前は明倫小学校だったけれど、いつの間にか?小学校は後ろ側に建て替えられ、懐かしい木造校舎4棟が残されて、昨年春に「萩・明倫学舎」として生まれ変わったようです。

 

 

Dsc03863

 本館(無料)は、懐かしい小学校時代を思い出させてくれる風景がいっぱい。

すご~く長い校舎、廊下、自分が小学生の頃の小学校はまさにこんな感じだったよなあ。

 

 

Dsc03860

 これは、給食で使われていた食器、これも自分の小学校時代と同じだあ。

 

 

Dsc03862

 懐かしいガリ板、当時はコピー機なんてなかったから、先生達は、ヤスリ板の上に置いたロウ原紙に鉄筆でガリガリと手書きだった・・・。

 若い人達が見たら何これ?だろうけど、自分にとっては正にリアルタイム、何とも複雑な気持ちです!

  思えば長く生きてきたもんだ・・・。

 

 奥にある2号館は有料、観覧料300円を支払って中に入ると、そこには幕末ミュージアムと世界遺産ビジターセンターがあります。

 幕末に外国と戦った時の大砲や砲弾、鉄砲、兵士の衣装などの展示があり、歴史の勉強を〇十年ぶりにすることとなりました。

 

 

Dsc03892

 バイクは明倫館に置いたまま、旧武家屋敷エリアをのんびりと歩いて回りました。

 土曜日ということもあるけれど、いつもよりは観光客が多いかも?これってテレビの影響?

 

 

Dsc03890

 タモリが撮影で歩いた通り、ここ田中義一の出生地で、自分の名前のルーツと感激していましたねえ。

 

 

Dsc03882

 ここは菊屋家住宅、内部の見学はパスして、明倫館方面へと戻ります。

 

 

Img_3945_1

 明倫館の南側にある市役所、公民館の一画に「萩元気食堂」があります。

野菜中心、ヘルシーなお惣菜が並ぶランチバイキングで知られているらしく、入ってみることにしました。

 食事の時間は40分と短いけれど、お値段は800円と安く、食後のコーヒーも無料で飲めます。薄味でおいしい、中高年の方にはお勧めです。

 

 

Dsc03900

 毎度お馴染みの指月城跡にやってきました。

この景色は、子供の頃から何度も見慣れているのですが、この橋を渡った先の記憶がまったくありません・・・?

 ということで、何十年振り?に堀内に入ってみることにしました。

 

 

Dsc03911

 天守閣があった場所から橋の方向を眺めるとこうなります。

中には、有名な茶室が移築されていたり、神社があったり・・・。記憶からまったく抜け落ちておりました。

 ぐるりと歩き回っていると、汗がどっと噴き出てきたので、萩の町観光はここで終了。

 

 

Img_3951

 せっかくなので、萩の中心部から阿武の道の駅まで、日本海を見ながら走ることにしました。

 最近、海辺を走るといつも思うのですが、本当に海がきれいになったような気がします。

 

 

Img_3956

 「道の駅あさひ」まで戻ってきました。

土曜日なので、結構多くのライダー達に出会いました。

 本日の総走行距離はおよそ150km、今日もGSRS君の調子は絶好調でした。

 これからしばらくは梅雨でバイクツーリングはお休みかなあ・・・。

10日には、広島でスズキのライドフェスタがあり、V-Strom250の試乗ができるのに、予報では雨・・・、がっくりです。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

これって必要? - 高速SAで思うこと -

Img_3839

 5月16日から家族サービスで熊本方面へと出かけました。

九州自動車道の古賀SA(下り)は、ずっと工事中でしたが、ようやく4月下旬に完成したようで、新しい姿を初めて見ました。

 毎度新設SAの設備には驚かされますが、今回はどんな風に?

Img_3832

 そして、男子トイレに入り、目に入ったものはこれ・・・。

何かわかります?

やっぱり全体像がないと・・・。

Img_3833

 そう!それぞれの小便器に手洗いの水が出るようになっているのです!

勿論、出入口には、手洗い用の水栓があるのですが。

 これまでも、新しいSAには、奇抜なデザインや新しい機能を持った設備を争うように取り入れていますが、

 これって、本当に必要?

 高額な高速料金を徴収し、こんなことに無駄なお金をかけるのはそろそろやめてほしい!

そして、一刻も早く二輪車料金の設定を導入してほしい!

 こう思うのは、私だけでしょうか?

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

2018春 阿蘇キャンプツーリング!(2日目)

Dsc03586_edited2

 

 

Dsc03542

 阿蘇三合目坊中野営場で迎える朝です。

このサイトは、午前5時頃になると、うるさいほどの鳥のさえずりで起こされます。

 4月末といっても、さすがに阿蘇山の三合目なので朝晩は冷え込みました。

 

 

Dsc03541

 今朝の食事は、他のライダーのブログを見て、いつかはやってみようと思っていた

 「朝ラーメン」に挑戦!

あいにく、昨夕の買い物でラーメンに入れる煮卵(これって定番なのか?)が見つからなかったので、平天だけになったけど・・・。

 やっぱり、朝からラーメンは、私には合わないみたい。

 朝食の片づけを炊事場でやっていたら、大阪ナンバーのPCXさんと出会い、情報交換です。

 PCXさんも、五島のライダーさん同様登山ツーリングにやってきたようで、今日は祖母山へ、最後は屋久島まで渡り、宮之浦岳に登るとのこと、すごい!

 中高年ライダーさん、みんな頑張っています!

 

 

 本日の行先は天草に決定!

 なぜ、天草?なんとなく・・・。

 

 

 

Snapshot002

 本日も快晴!キャンプ場を午前7時に出発、とりあえずは阿蘇山上に向けて走ります。

 牛馬が草を食んでいる牧歌的な風景を眺めながら、朝の爽やかな風を受けて走るパノラマラインは何度走っても、

 最高で~~~す!

 そう言えば、五島のライダーさんは、今日は砂千里から阿蘇高岳、中岳に登るとのこと、私も登山用具を積んでいたらお供できたのだけど・・・。

 快調に上がっていたら、右手に分岐するパノラマライン北登山道への通行止めがなくなってる?

 長い間通行が規制されていましたが、どうやら復旧したようです。これで、赤水方面から山頂に上がることができます。

 

 

Snapshot004

 左手に草千里が見えてきました。

 朝早いので、車、バイクの姿もほとんどなく、これぞキャンプ泊で早朝から行動できることの大きなメリットです!

 

 

Snapshot1111

 パノラマラインの吉田線も昨年10月から通行止めが解除となっており、久しぶりにこの道を通り、高森側へと下ります。

 

 

Snapshot111

 阿蘇はどの道もライダーには大人気ですが、私のお気に入りはここ

   「グリーンロード南阿蘇」

 昔から熊本ICを降りて阿蘇高森方面に抜ける時によく走った道で、眺めもよくてほとんど車が走っていない・・・そんな道でした。

 そう、この道は、昔はほとんど観光客には馴染みがなく、通行量が少なくて、センターラインにはぺんぺん草が生えていた・・・。

 ところが、熊本地震で道路が壊滅状態となり、いち早く復旧したこの道が熊本市内から阿蘇への主要道となったようで、おかげでぺんぺん草もなく、路面もきれいになっています。

 

 

Img_3746

 さらに、この道路をライダー達に有名にしたのが「ケニー・ロバーツ」です。

ライダーならば一度は聞いたことのある名前ですが、彼の奥さんが熊本出身で、ケニーがこの道を好んで走ったことから、名付けられたのが

 「ケニー・ロード」

今は、俗称ではなく自治体も認める正式名称になっているようです。

 途中の展望台で小休止、ケニーロードのことが看板に!

正面は、阿蘇五岳を西側から見た姿です。

 

 

Img_3750

 朝早いので、ほとんどライダーにも出会わず、気持ちよくワインディングロードを走り続け、次の展望台に到着です。

 ここからは、熊本平野が一望できます。

 

 

Dsc03557

 熊本市内を通過し宇土に入り、右手に有明海を見ながら走る半島北側の国道57号線を走り、三角西港へとやってきました。

 これまで何度も天草に渡っていますが、宇土半島の北側を通ったことがなかったためか?この三角西港は初めてでした。

 

 

Dsc03559

 このエリアには、明治時代の洋館のような「浦島屋」

 

 

Dsc03578

 これは「龍驤館」、外にも海運倉庫など古い建物が並んでいました。

この地をよく理解しないまま、ちらりと見学して通り過ぎてしまったけど、帰って調べてみたら、なんと!ここは全国にちらばる明治産業遺産(世界遺産)の一つでした。

 肝心な石積埠頭や排水路を見過ごしてしまった・・・とほほ。

 

 

Dsc03580

 これから渡る天草五橋の一号橋が見えます。

 

 

Snapshot

 先ほど見えた天門橋(一号橋)を渡ります。

右に架かる橋は、熊本市と天草市を結ぶおよそ70kmの高規格道路「熊本天草幹線道路」の一部で、よく見ると、ほとんど出来上がっていました。

 

 

Dsc03552

 天門橋展望所に駐車して、建設中の新橋をパチリ!

 

 

Snapshot1111_2

 続いて、2号橋から5号橋までをのんびりと走り、久しぶりに天草の風景を堪能、5号橋を渡ったところでUターンです。

 

 

Img_3772

 時計を見ると正午を大きく過ぎていました。

 三角西港近くに和食屋さんがあったのを思い出し、戻ってきました。

 

 

Img_3769

 鯛をはじめ、お魚がメインのお店だったので、鯛どんぶりにしてみました。

メニューは、ほとんど2千円以内で、普通の和食レストランでしたが、コストパフォーマンスは悪くありませんでした。

 

 

Dsc03599

 食後は、ほかに寄りたい所もなかったので、今度は宇土半島の南側を有明海を見ながらのんびりと走り、阿蘇に戻ります。

 今度は反対側から「ケニーロード」を走ると、次々とライダー達が前からやってきました。やはり、バイク雑誌などで紹介されて有名になったようです。

 パノラマライン北登山道を上り、草千里を通ってキャンプ場へと向かう途中、「米塚」をバックにGSRS君の撮影です。

 無事、坊中野営場に到着、この後、昨日同様にホテル阿蘇の司で入浴、給油と食料の調達を済ませてキャンプ場へと帰ります。

 早めの夕食をとっていたら、五島のライダーさんも帰ってきました。今日も、五島のライダーさんとの情報交換で、楽しい時間が過ぎました。

 

 本日の走行距離は281km、平均燃費は34.7km/Lでした。

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018春 阿蘇キャンプツーリング!