« 憧れの函岳へ(初めての北海道キャンプツーリング4日目) | トップページ | - 知床連峰、斜里岳を見ながら直線路を走る! - (初めての北海道キャップツーリング6日目) »

2013年8月 2日 (金)

- 広大なジャガイモ畑に大感激!- (初めての北海道キャンプツーリング5日目)

5

 7月16日、出発してから5日目の朝です。

 昨日は、2日分の行程を走ってしまったため、今日はのんびりとオホーツク海沿いの道を走り、サロマ湖にあるキムアネップ岬キャンプ場に向かいます。

 

P1010383

 いくら疲れていても、やはり狭いテントの中では眠りが浅いようで、今日も午前5時前に目が覚めてしまいました。

 ただ、眠りの質はともかく、夜はすることがないため、遅くとも午後10時までには寝付くので、6時間以上は寝ている計算になります。

 

P1010386

 まだ、寝静まっている広いキャンプ場をぐるりと散歩してみました。

 あらためてこのキャンプ場を見てみると、白樺や花に囲まれとても美しいサイトで、利用料金は安く、温泉は目の前、バイクの乗り入れ可、文句のないお奨めのキャンプ場です。

 ライダーよりもファミリーキャンプの車が多く、大型テントが並び、数日間連泊しているようでした。

 

P1010388

 サイト内のバイクを見ていたら、なんと!原付二種のスクーターでやってきているキャンパーがいました。2年前は、リード君で北海道キャンプツーリングを夢みていたっけ・・・。

 

P1010393

 朝食を済ませ、のんびり、まったり・・・。
今日は急ぐ行程でもないので、あまりにゆっくりしていたら午前8時になっていました。出発です。

 びふかのキャンプ場から国道40号線を南下、名寄バイパスを通って国道239号線下川国道で興部へ、オホーツク海へと走ります。

 名寄から興部までは山間道路で交通量も少なく、流れは高速道路並み、気温が上がっていない上に高速で流れるので、その寒さは限界に・・・。
 途中、冬用の長袖シャツを着こみ、上にはカッパ、できるだけの寒さ対策を施し、午前10時に興部の道の駅に到着しました。

 それにしても、北海道の寒さは恐るべし!

 

P1010395

 この道の駅には、ディーゼルカーを改装した「ルゴーサエクスプレス」が置かれ、簡易休憩所「語らいの舎」とライダー達のための簡易宿泊施設「出会いの宿」が無料で開放されています。

 

P1010398

 興部からオホーツクライン(国道238号線)を紋別方面へと走ります。

 途中、牛丼の好き家の文字が目に飛び込んできました。やはり、こんな北の地にも好き家はあったんだと懐かしくなり、ここで昼食を済ませます。

 紋別と言えば、何と言っても蟹のツメのオブジェでしょう。
紋別に入り、見過ごさないように注意深く走っていたら、遠く左手に巨大なオブジェが目に入りました。

 ただ、この巨大オブジェ、予想と違って国道筋にはなく、側に行くためには国道を外れて海岸沿いに走る必要がありました。

 

 

Dsc09832

 セロー君と蟹のツメとのツーショットです。
なんと、高さが12mもあるそうです。

 

00036_1

 次は、サロマ湖とオホーツク海を仕切る細長い砂州地にある「三里浜キャンプ場」へと向かいます。今夜のキャンプ場の候補の一つとして考えている場所です。

 空はすっかりと晴れ、広大なサロマ湖の静かな湖面はなんとも美しいものでした。

 

00037_1

 三里浜キャンプ場に到着です。

 どうしたわけか、キャンプ場と言いながら、テントはまったく見当たらりません。シャワー施設やコインランドリー、売店などもあるようですが、フリーテントサイトでも1泊2000円(普通車駐車料含む)とお高めなので、利用者がないのでしょうか?
 ちなみに、ライダーの場合の2輪車サイトは25区画あって1泊400円のようです。

 今一つ気乗りしないのと、時間がまだ早いので、次の候補地であるキムアネップキャンプ場へと向かいます。

 

Dsc09863_1

 サロマ湖沿いで休憩です。
目の前の対向車線を見たら、パトカーが乗用車を捕まえていました。
そう言えば、これまであまりパトカーの姿を見なかったなあ。
ライダーさん達の情報によると、北海道では、覆面パトが対向車線からレーダー測定してスピード違反で検挙するとのこと、何とも怖い話ですねえ。

 無事故、無違反で帰れますように!

 

Dsc09868

 サロマ湖の東南に少し飛び出している岬がキムアネップ岬です。そして、この岬に人気があるという無料キャンプ場があります。

 このキムアネップ岬キャンプ場は、夕日と朝日両方が見える最高のロケーション、無料にもかかわらずきれいと評価が高く、今日のキャンプの第一候補地として考えていました。

 

Dsc09871

 到着すると、広い駐車場に数台の車が停まっていました。キャンプ客ではなく、車の中で眠っているようで休憩中のようです。

 車両、オートバイの場内乗り入れ禁止の看板がありました。入れないように金属製のポールが立ててあります。

 

Dsc09874

 バイクを駐車場に置き、キャンプ場の中へと歩いて行くと、きれいに刈り込まれた芝地がはるか先まで続いています。
 ただし、この広大なキャンプ場に立っているテントは1張のみ、どうして?

 

Dsc09878

 サイトの横には、はまなすなどの植物が咲いており、立派な遊歩道も整備されています。

 

00040_1

 これが入口付近にある管理棟、中に入ってみると、きれいに掃除されたトイレとシャワーがありました。休憩スペースに置かれた大きなテーブルには、60代と思しき夫婦が寝そべっていました。どうやら外のテントは、この二人の物のようです。

 ロケーションがよく、管理棟の清掃も申し分ないのですが、車両進入禁止というのがつらい。駐車場からテント設営の場所までかなりの距離があり、荷物の運搬が辛そうです。せめて、設営、撤収の時だけでもバイクの乗り入れを許可してくれたなら、このキャンプ場に決定していたのですが・・・・。
 帰って調べてみたら、リヤカーが使えるとありました。見当たらなかったけど・・・。

 

P1010431

 どうも今夜のキャンプ地が決まりません。
ツーリングマップルやガイドブックを見て、次の候補地を網走湖畔にある呼人浦キャンプ場に定めました。

 サロマ湖畔、能取湖畔を走るオホーツク国道の両側には、広大な畑が拡がっています。

 美瑛のような急な斜面や丘はありませんが、何と言ってもその規模は比較にならないほど広大です。

 

 

P1010428

 広大な畑の間には、一直線の未舗装路が走っていました。セロー君で気持ちよく走らせていただきました。

 

Dsc09893

Dsc09891

 見渡す限りのジャガイモ畑です。
花の一つひとつを見ると薄紫色ですが、白いジャガイモの花が満開、実にすばらしい!

 常呂町から網走にかけて、このような広大なジャガイモの花が満開の畑を見ることができます。これぞ「ザ・北海道」という風景でした。

 北海道の道を走りながら、ゆっくりと回りの風景を眺めてみると、至るところに美瑛や富良野に負けない素晴らしい風景が拡がっていることに、今回のツーリングで改めて実感しました。

 

P1010447

 網走市内に入って国道238号線を右折、国道39号線へと入り、網走川に沿って少し走ると、右手の網走湖畔にキャンプ場らしきものが見えてきました。ここが目的地の「呼人浦キャンプ場」です。

 湖畔にフラットな芝地、水洗トイレに洗い場もありますが、ここは管理事務所などない無料のキャンプ場です。

 駐車場にはバイクやクルマが数台、湖畔にはいくつかのテントも見えます。
テントの側にはバイクが停まっています。乗り入れ可なの?

 念のため、網走市役所の担当課に電話して聞いてみたら、バイクは乗り入れ可、ただし、芝の上は避けてほしいとのことでした。

 

P1010454

 ということで、今夜のキャンプ地はここに決定です。
時刻はまだ午後3時半ですが、今日はここでゆっくりしましょう。

 テントの設置場所は木陰ではなく湖畔の芝地に決定、キャンプ3日目ということもあって設営の要領もよくなり、あっという間にテント設置完了です。

 

P1010455_2

 こうしてみると、なかなか雰囲気のある湖畔のキャンプ場です。これで夕焼けにでもなってくれたなら最高なんだけど・・・。

 

P1010464

 本日の夕食の調達は、網走市内のスーパーです。網走の街が近いので、スーパーやコンビニがたくさんあり便利です。

 今日は握り寿司や惣菜とビール、それに明日の朝食のパン、さらにおやつなどを買い込んでキャンプ場へと帰ってくると、すぐ近くにテントがいくつか立っていました。

 キャンプ場全体を見渡してみると、このキャンプ場はどういうわけかライダーさんが実に多い。ファミリーキャンプの姿はありません。

 
 夕食の最中も、次から次へとライダー達がやってきます。
 

 大型バイクに乗った女性ライダー、原付スクーターに乗った若い女性の2人組、それにしても、北海道は女性ライダーが目につきます。

 

Dsc09895

 陽が落ちてきました。
赤く焼けることを期待しましたが残念!

 

 北海道のキャンプ場のクチコミを見ると、蚊が多いので蚊取り線香は必須とありましたので、当然蚊の対策グッズを用意してきましたが、意外やこの湖畔は蚊が気になるようなことはありませんでした。

 国道に近いので車の騒音が、また、湖畔なので波の音が気になるかと思いましたが、すぐに寝てしまったような・・・・。

 本日の総走行距離は295.8kmでした。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとクリックをお願いします!

       ↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

|

« 憧れの函岳へ(初めての北海道キャンプツーリング4日目) | トップページ | - 知床連峰、斜里岳を見ながら直線路を走る! - (初めての北海道キャップツーリング6日目) »

北海道ツーリング」カテゴリの記事

コメント

T.K 様

 寒い北海道から酷暑の山口に帰り、体調を崩して風邪を引いてしまいましたが、どうにか記事のアップは頑張っています。
 チェックして頂いているとのこと、励みになります。これからもよろしくお願いします。

投稿: SMAP | 2013年8月 3日 (土) 09時39分

超大作の日記になりそうですね!
仕事から帰ると、まずは日記の更新を確認してしまいます!

写真整理等、大変でしょうが、頑張って下さいね~♪

投稿: T.K | 2013年8月 2日 (金) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: - 広大なジャガイモ畑に大感激!- (初めての北海道キャンプツーリング5日目):

« 憧れの函岳へ(初めての北海道キャンプツーリング4日目) | トップページ | - 知床連峰、斜里岳を見ながら直線路を走る! - (初めての北海道キャップツーリング6日目) »