« ウェアラブル端末が欲しい! | トップページ | 防府市向島へミニツーリング! »

2015年2月13日 (金)

Smartwatch2をツーリング登山でテスト!

Dsc_0020_19997

 写真はいつもの防府市に位置する右田ヶ岳山頂の風景、久しぶりにセロー君で登山口まで走ってきて、この風景を楽しみました。

 

 

Sw2_top

が、今回の主目的は、先日SONYのXPERIAストアに注文した「Smartwatch2」が届いたので、さっそく登山でのテストをしにやってきたのです。

 購入の理由は、登山時に大きなスマホ、いやファブレットをザックの中に入れたまま、「山旅ロガー」と「地図ロイド」を使いたいことにありました。

 

 

Dsc060319997

 登山口に到着したら、腕に付けたSmartwatch2 にインストール済みの「山旅ロガー」をタップします。

 

 

 

Dsc06032_3

 すると次のような画面が現れ、この大きなボタンをタップすると、ザックに入れたスマホにログとり開始の命令が伝わります。

 

 

Dsc060359997

Dsc0603419997

 登山途中、自分の位置がルートを外れていないか、今、ルート全体のどれくらい歩いてきたかを確認できます。

 でも、上の写真のとおり、地形図が表示されていません。
どうやら設定を誤ったようです。

 

 

Dsc060449998

 無事山頂に到着です。

 いよいよ本格的な花粉シーズンの到来で、そろそろ登山もお休みしなければなりませんが、今日は黄砂も花粉も少ないようでラッキーでした。

 Smartwatch2の「山旅ロガー」を表示させ、終了ボタンを押すと上りのログとりは終了です。

 

 

Chizroid_map_2

 ザックからスマホを取り出し、ログがきちんと取れていることを確認、何と今日は登山口から50分しかかかっていませんでした。途中、いろいろと操作したり、確認したりしたので、遅いかなと思っていたのですが、私にしてはハイペースでした。

 

 

Dsc06050

 下山時も同じようにログをとり、途中で自分の位置を確認してみます。

 今度は、きちんと地形図が表示されています。

 下山中、2度ほどメールが着信しましたが、腕のSmartwatch2が着信をブルブルと知らせてくれ、歩きながらちらっと目をやるだけで、重要なメールかどうかを瞬時のうちに判別でき、ウェアラブル端末の利便性の高さを実感しました。



 ウェアラブル端末は、本当に必要なのか?購入前に随分悩みました。

自分の場合は、画面が6.4インチもある大きなスマホ、いやファブレットなので、外出時の不便さを補うこのギアは、十分に役立つと判断したわけですが、Nexus7のようなタブレットをお持ちの方もぜひお勧めしたい製品です。

 
 

 また、登山の時だけでなく、ツーリングの際も、メールの瞬時の確認のみならず、いろいろと活用の場がありそうな気がします。

 これまで以上にアウトドアライフが充実しそうな予感です!

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

|

« ウェアラブル端末が欲しい! | トップページ | 防府市向島へミニツーリング! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190954/61130868

この記事へのトラックバック一覧です: Smartwatch2をツーリング登山でテスト!:

« ウェアラブル端末が欲しい! | トップページ | 防府市向島へミニツーリング! »