« 潮岬から志摩半島へ(南紀ツーリング3日目) | トップページ | ちょっと由布岳まで登山ツーリング! »

2017年10月22日 (日)

志摩半島から大阪南港、山口へ(南紀ツーリング4、5日目)

4

 

 

 山口を出発して早いものでもう4日目、今日の目的地は、大阪南港です。
3日目のルート決定の際、志摩半島ではなくて、大台ケ原を選択していたら、4日目の目的地はいつもの福知山のカプセルホテルで、翌日に山陰の海を眺めながら下道をトコトコと走って帰ることになっていたはずです。

 昨晩、スマホから名門大洋フェリーの二便の予約を入れておいたので、夕方の7時前までに大阪南港に到着すればOKです。

 

 

Dsc02647

 午前6時前に起床、昨晩はテント泊にしてはよく眠れました。

 このキャンプ場は、サイトが分かれており、バイク用に指示されたサイトはこんな具合で、トイレや管理事務所、シャワー室までは少々歩き、階段を上がる必要があります。

 今日は急ぐ必要もないので、のんびりゆっくりと朝食、午前8時に出発です。

 昨年5月に開催されたサミットの会場が伊勢志摩であったのを思い出し、賢島に渡ってみました。

 島内をぐるりと島の中を走ってみましたが、確かに大きなホテルがあり、多島美を眺めることのできる風光明媚な観光地でした。

 

 

 

Img_2838

 さらに、伊勢志摩と言えば「スペイン村」、過去全国津々浦々にいろいろなテーマパークが誕生したものの、ほとんどが消え去ってしまったけれど、ここはまだ営業を続けているようです。

 しかしながら、おっちゃん一人がこのテーマパークで遊ぶなんてことは考えられず、せっかく入り口の前を通ったけれどスルーします。

 

 

Snapshot38

 パールロードシーサイドラインという名前に惹かれ、鳥羽まで走ってみましたが、道がかなりの高所を通っており、また、走行方向が反対であったため、走りながら海を眺めることができるような道ではなくがっくりでした。それでも、何か所かは右手に海が・・・。

 

 

Img_2842

 シーサイドラインの途中に「鳥羽展望台」との表示を見つけたので寄ってみました。

駐車場はとても広かったのですが、眺望はさほど・・・。

 

 

Img_2844

 伊勢、松坂を過ぎ、伊賀から名阪国道R25に乗りました。

 ここは無料の高速道路という認識ではありますが、速度規制は確か時速70km?でも、車の流れは皆とてつもなく速い?休まずに走ってきたので、途中のパーキングで休憩です。

 

 

Dsc02660

 夕方のフェリーの出発まで、かなりの時間があるため、天理市に入ってから立ち寄り先を検討した結果、若草山に上がることに決定です。

 これまで何度も奈良市内観光をしていますが、この若草山には上がったことがありませんでした。

 山道を登っていたら、下方に東大寺の大仏殿と興福寺の五重塔が見えました。

 

 

Dsc02680

 駐車場から徒歩数分で山頂です。
ごらんのとおり、ここにも鹿がぞろぞろ・・・。

 

 

Img_2851

 南西側には、奈良の市街地が一望できます。

 ここで、しばらくの間休憩です。

 

 

Img_2854

 大阪市内で時間が余ると、学生時代に住んでいた街が懐かしくなってつい立ち寄ってしまいます。

 と言っても、40年近く前のことなので、当時のアパートは無くなってマンションが建ち、駅まで歩いた道もすっかり変わっていますが。

 
 最近、ホンダのスーパーカブが生産1億台とかでニュースになっていますが、カブが誕生しておよそ60年、カブではないけれど、同じホンダのDAX50でこの大阪の街を走り回っていたことを思い出します。

 住吉区の2輪館でブラブラ、さらに早めの夕食を済ませて大阪南港へと向かいます。

 

 

Img_2856

 行きのフェリーでは、バイク1台だったのに、この便では、ライダーさんが合計6名でした。

とりわけ目立ったのは、真新しいゴールドウィングに跨ったスタイリッシュな初老のライダーでした。なんとも粋なスタイルで、どこぞのお金持ちか?芸能人?と思わせる風体でした。

 このライダーさん、今日から4,5日九州を回るとのこと、また、今から乗船する船は昨年就航したばかりの新船だと教えてくれました。今回は、行きも帰りも新しいフェリーでラッキーです!

 

 

Dsc02703

 お隣には、東予行きの四国オレンジフェリーが停泊しています。

 

 

Img_2857

 名門大洋フェリーが安いのでよく使いますが、この会社に対する唯一の不満は、乗船開始のアナウンスから実際にバイクの乗船開始までの待ち時間が長すぎることです。
 バイクが一番最後というのも止むをえませんが、下船時も一番最後というのは納得がいきません。

 行きで使った阪九フェリーは、乗船、下船ともにバイクは早かったなあ。

 乗船すると、確かに新船で、内部はまだピカピカでした。

 ネット予約では、今やフェリーも航空機や新幹線同様にベッド位置を指定することができ、対面に誰もいないベストポジションを確保、しかも、この大部屋は両側の通路に出ることができ、目の前は、大浴場と洗面所、なんともいい場所にありました。

 

 

Dsc02713

 午後7時50分、定刻に出航し、すぐに明石大橋の下をくぐります。

 この船も振動は少なく、朝まで快適に眠れました。

到着は午前8時半、残念ながら予報通り雨が降っているため、出発準備でカッパを着ます。

 ここから山口の我が家までは下道で2時間弱、昼前には到着です。

先日購入した新しいレインウェアの初使用となりましたが、さすがに新品、水をはじき、通気性も抜群でした。

 行きも帰りもフェリーを使い、若干軟弱な長距離ツーリングではありましたが、今回も無事に終了、弘法大師様と神様に感謝です。

 総走行距離は985km、平均燃費はおよそ33km/Lでした。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

|

« 潮岬から志摩半島へ(南紀ツーリング3日目) | トップページ | ちょっと由布岳まで登山ツーリング! »

その他の地域へのツーリング」カテゴリの記事

コメント

かわうそくん 様

 情報ありがとうございます。
ただ、2時間前にフェリー乗り場に到着というのは厳しいですねえ。
 本音を言えば、バイクの乗船が最後なら、あんなに早くから待機させないでほしいのですが。

投稿: SMAP | 2017年10月25日 (水) 18時57分

名門大洋フェリーはよく利用してますけど、2時間くらい前に行くと一番最初に入れてくれますよ。一番風呂に入ったり、ラウンジの席をとることもできます。ただ、降りるときは一番最後になりますけどね。まあ、時期によって変わるのかもしれませんが。

投稿: かわうそくん | 2017年10月23日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190954/65948423

この記事へのトラックバック一覧です: 志摩半島から大阪南港、山口へ(南紀ツーリング4、5日目):

« 潮岬から志摩半島へ(南紀ツーリング3日目) | トップページ | ちょっと由布岳まで登山ツーリング! »