« 2018夏 北海道ツーリング!(1日目、2日目) | トップページ | 輸入バイク・チャリティ試乗会に行ってみました。 »

2018年8月 4日 (土)

2018夏 北海道ツーリング!(3日目)

Dsc04018_edited1



 1日中フェリーの中で過ごすというのは、確かに退屈だけれど、我が故郷は熱地獄の中であることを思えば、快適な温度、空間で寝たいだけ寝られるというのは、何とも贅沢な時間です。



Img_4129

 そして、乗船三日目の午前10時過ぎ、ようやく苫小牧の街が見えてきました。

 午前11時到着の予定ですが、かなり早めに車、バイクの運転者を車両デッキへ通してくれます。


Img_4134

 そして、下船完了。

 ライダー達は、このスペースで各々出発準備を念入りに行っています。

 私も、ジャケットを3シーズン用に着替えるためにプロテクターを付け替え、ナビ用のスマホをセットして準備完了!

 さあ、今から今回のツーリングの主要目的の一つ、これまで行ったことのない「襟裳岬」を目指します!



Img_4135

 本日の宿泊は、帯広市内のレッドバロンのバイクステーションです。

決めてあるのはこれだけ、これから広い北海道をどのように走るか、どこに泊まるか?天候と気分次第!

 フェリーターミナルから帯広までは、直線的に走ると175km、ところが、目的地の襟裳岬を経由するとなると、距離はなんと300kmにもなります。

 本州での下道走行を考えると実に無謀な計画ですが、これが北海道マジック?


 フェリーターミナルから少し走ると、日高自動車道(無料)に上がり、厚賀まで走ることができます。

 やや内陸部を走るので、右手に海は見えませんが、左手には、広々とした牧草地帯、牧場が拡がっており、サラブレッド達がのんびりと草を食んでいるのが見えます。

 そう、この日高地方はサラブレッド銀座なのです!


Img_4139

 厚賀で高速道が終わり、海岸沿いを少し走ると、道の駅「サラブレッドロード新冠」に着きました。


Img_4141

 ここで昼食です。

 今朝は、フェリーの朝食バイキングで昼食抜きでもよいほど腹いっぱい食べたのに、やはり北海道に上陸すると、この「ソフトカツゲン」、そしてポテトサラダです!

 長いえりもまでの下道を走っていると、日高、浦河などの街を通過するので信号待ちを経験します。

 さらに、片側一車線で追い越し禁止区間が長いので、えりもまでのこのルートは、北海道マジックは適用できず、思ったよりも時間がかかります。



Dsc04002

 午後3時前に襟裳岬に到着です!

 途中までは青空が見えていたのですが、空は一面薄雲がかかっています。

気温もかなり低い?

 駐車場には、他にも数台のバイクが停まっています。


Dsc04009

 時間がないので、大急ぎで岬の先へと歩きます。

「風の館」はパスです。


Dsc04011

 灯台がありました。

Dsc04013

 そして、襟裳岬の歌碑です。

 森進一の襟裳岬かと思ったら、島倉千代子の歌でした。



Dsc04018

 ついにやってきました!

 何度も北海道にやってきていながら、いつか行けるとずっと後回しになっていた襟裳岬でした。


Dsc04014

 岬の一番先まで歩いて行ける?

Dsc04021

 これが遊歩道なんだけれど、時間の都合でカットです。

 残念!



Dsc04022

 襟裳岬での滞在時間は、わずか15分程度、すぐに帯広方面へ向かいます。

 国道336号線のうち、えりも町庶野~広尾町音調津の33.5 kmは、日高山脈が海岸までせまり、交通難所となっていた場所で、黄金を敷き詰められるほど、建設に莫大な費用がかかり、8年もの歳月を要する難工事の末に開通したことが「黄金道路」という名称の由来となっているとか・・・。

 長いトンネル内を通過すると、それでなくても気温が低いのに、交通量がほとんどないので、トンネル内はまるで冷蔵庫!

 さむ~~~い!

 長いトンネルがさらに長く感じられます。


Dsc04033

 トンネル通過で体が冷え切ったので、滝のある場所で休憩です。

 「フンベ」とは、アイヌ語で「クジラの獲れる浜」という意味で、地下水が湧きだしたものが、直接道路脇に落下している珍しい滝だそうです。

 広尾町の先で336号線から236号線へと進み、大樹町へ入ります。

 そこから先は、「帯広・広尾自動車道」が整備されており、いっきに帯広市内へと走ることができます。

 この道路の高い視点からは、前も右も左も、見渡す限り牧草、畑です!

牧場が点在する位で、街も山も全く見えず、十勝平野の広さが実感できる!これぞ北海道というスケールです!

 残念だったのは、せっかくの風景だったのに曇天で、時折霧雨、しかも駐車場所がないので写真も撮れず・・・。

Dsc04042

 それでも、気持ちよく走っていたら、「幸福駅」への看板が・・・?

  幸福駅?

 何十年前だったろう?確か、芹洋子さんの「幸福行きを2枚ください・・・」というような歌が流れ、大ブームとなったことがあったなあ。

 ということを思い出し・・・、高速道路を途中で降りて寄ってみることにします。

 



Dsc04039

Dsc04041

 着いてみると、そこは公園になっており、結構な数の車が停まっていました。

 駅舎?の外、中は、まさにピンク一色!

 売店で販売される大きなピンク色の切符に願い事を書いて貼るらしい・・・。



Dsc04044

 そして、この辺りをウロウロしている若者、カップルのほとんどは中国からの観光客でした。

 日本人は忘れ去っても、中国の人達にとっては有名な観光地なのかも?





Img_4160

 午後6時、今夜の宿であるバイクテーションに無事到着です。

 フェリー内でひたすら休養できたとは言え、半日で300kmオーバーの走行はさすがに疲れました。



Img_4162

 駐車場には、すでにおおくのライダーさん達が到着しています。

Img_4165

  2階に上がると長い通路があり、両側に10ずつの部屋が並んでいます。



Img_4163

 部屋の中は、机と2段ベッドだけ、極めてシンプルですが、ライダー達が睡眠をとるだけの設備としては十分です。

 二人用の部屋ではありますが、連れがなければ一人一室の利用、プライベートな空間が確保できます。

 共有設備として、シャワー室、ランドリー設備、談話室、キッチンなどもあり、これで一泊2千円!ありがたい施設です。

 現在、北海道には、この帯広の施設と稚内の2か所だけ、網走や旭川方面にもあるといいのになあ。

 翌日の空きを確認するとOK、すぐに延泊を申し込み、身軽なGSRS君で帯広市内を回ることにします。


1

 本日の走行距離は321km、よく走りました!



 ポチッとクリックをお願いします!



     ↓


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ



にほんブログ村




 


 

































|

« 2018夏 北海道ツーリング!(1日目、2日目) | トップページ | 輸入バイク・チャリティ試乗会に行ってみました。 »

北海道ツーリング」カテゴリの記事

コメント

ガンメタGS 様

そうなんですか。
今回の北海道ツーリングもカッパ無用だったお天気おじさんが、盆明けの北海道の好天を祈っております!

投稿: SMAP | 2018年8月 6日 (月) 19時57分

楽しく拝読してます。
私もお盆あけくらいに行きたいと思います。
台風や雨しだいですが、休みだけは取りましたよ。


投稿: ガンメタGS | 2018年8月 6日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190954/67020095

この記事へのトラックバック一覧です: 2018夏 北海道ツーリング!(3日目):

« 2018夏 北海道ツーリング!(1日目、2日目) | トップページ | 輸入バイク・チャリティ試乗会に行ってみました。 »