« ついに四国八十八カ所巡りを達成したぞ! | トップページ | キャンプツーリング2日目は、服掛松キャンプ場! »

2019年6月24日 (月)

キャンプツーリング一日目は、志高湖キャンプ場

Img_63241

 

 毎年バイクシーズンの幕開けは阿蘇だったのに近年は遅れ気味、6月になってようやく阿蘇方面にキャンプツーリングに出かけました。

 

 南九州は梅雨入り、それでも天気予報を見ると阿蘇方面に雨マークなし、ということで急遽6月9日から日程、ルートは天気予報を見ながらということで自宅を出発します。  

 

 日曜日なので、ゆっくり目の出発でも道路が混むこともなく、下道をスイスイと走れましたが、下関ICからは高速に乗り、東九州自動車道を上毛スマートICまで走ります。

 

 

Img_6327

 

 山国川沿いを南下、耶馬溪を通過し、玖珠の道の駅で昼食を済ませます。


 玖珠からは、R210を別府方面へ少し走り、九重町役場入り口を右折、綠の中を県道40号の快走路を満喫しながら、長者ヶ原へと向かいます。

 

 長者ヶ原でしばしの休憩です。ライダーお馴染みのスポットで記念撮影を済ませ、スマホで天気予報をチェックすると、阿蘇方面は夕方から夜にかけて雨雲が通過しそうです。

 

 思案の結果、今夜のキャンプ地は、毎度お馴染み、別府志高湖キャンプ場に決定し、やまなみハイウェイを北上することにします。

 

 時間が余りすぎるので、志高湖へのルートは、やまなみハイウェイ沿いの山下湖手前を県道537号へ入る湯平温泉経由とし、久しぶりに湯平温泉の様子を見てみることに。

 

 この湯平温泉に泊まったのは何年前か?思い出せない程昔ですが、川沿いに石畳の坂道、小さな古い温泉旅館が並ぶ、これぞ温泉地という風情のある温泉です。

 

Img_63421

 午後2時前に志高湖キャンプ場に到着、受付を済ませ、トイレ、水場に近いいつもの広場で設営開始です。

 

 

 

 

Img_6334

 今回のキャンプで試してみたかったのは、このモンベルのミニタープHXです。

 ライダーさんにはお馴染みの小型タープ、積載に便利な小型軽量、雨が心配な時にテントの上に張れば、雨中での朝の撤収作業が楽になる!

 キャンプライダーとしては、以前から気にはなっていましたが、「荷物が増えるだけ、使わない、設営が面倒・・・」などの意見もあり、元々、雨天ではできるだけ走りたくないヘタレライダーだし、雨の中、テントで過ごした経験もほとんどないし・・・、ということで、長い間見合わせていました。

 それなのに?

 やっぱり、キャンプライダーたるもの、タープくらいは積んでおくべき!と、何の気の迷いか?数ヶ月前に思わずネットでポチッと・・・。

 

 

 

Img_6338

 タープは小型軽量ですが、160cmの折りたたみポールが2本必要、これがちょっと荷物なります。

 

 設営は実に簡単、初めてでも10分もかかりませんでした。

 

 テント前にちょっとした屋根ができると、なぜか自分のスペースという感覚、少しのんびりしたい気分になるのが不思議です。

 

 設営完了後、いつもの別府堀田温泉へ行き、帰りにトライヤルで夕食、飲み物を調達、午後5時前からまったりと夕食タイムを過ごします。

 

 天気予報を見ると、阿蘇方面の降水確率が低くなっており、もう一泊することに決定です!

 

 明日は、一度利用してみたかった「服掛松キャンプ場」に行くことに決定、途中、阿蘇の快走路を楽しみ、高千穂方面にも足を伸ばすこととします。

 

 

 

1_1

 本日の走行距離は280km、高速道路も利用したので、何とも楽な一日となりました。

 

 

ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

 

|

« ついに四国八十八カ所巡りを達成したぞ! | トップページ | キャンプツーリング2日目は、服掛松キャンプ場! »

阿蘇ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに四国八十八カ所巡りを達成したぞ! | トップページ | キャンプツーリング2日目は、服掛松キャンプ場! »