« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019年7月29日 (月)

新しいヘルメットがやってきた!(2)

Img_6578

 

 GT-AIRに取り付けていたMIDLANDのインカムを外し、写真のようにEXCEEDに付けてみました。

 

 

 さて、EXCEEDについてのインプレッションです。

 外観については、低価格の割には作りがしっかりとしており、安っぽい感じはしません。

 ジェットヘルとしては、筐体そのものはやや大きい気がしますが、インナーサンシェードを装備しているので当然というところでしょうか。

 このインナーサンシェードは、かなり下の方まで下がってくれて、視野全体をカバーしてくれます。GT-AIRのサンシェードは上下幅が狭く、下方まではカバーしてくれないので、こちらの方が圧倒的に便利!サンシェードがかなり下方まで下がるので鼻に当たるとのコメントもありましたが、当方、昭和生まれのこてこての日本人顔のおっさん!まったく影響なし!

 

 内側を見ると、インカム取り付けが容易なようにスピーカー取り付けスペースが確保されています。今回はお試しということで、貼り付けではなく、クランプ型ブラケットを使って取り付けることにしましたが、ブラケットが挟みやすいような形状になっています。

 

 さて、ヘルメットを被っての走行です。

 時速70km以上の速度になると、かなり風切り音が大きくなってきますが、シールドの隙間などから風が入りこむ音はありません。高速道路で時速100kmで走行中、インカムで電話をかけてみたところ、相手の声ははっきりと聞き取れ、相手には雑音もなく、クリアに声が届いているとの報告を受けたので、特に問題になる程ではありませんでした。

 風切り音については、やはりフルフェースの方が形状的に有利で一歩譲るものの、夏場のヘルメット装着の快適性についてはジェットタイプのほうが方が圧倒的に有利!下方への視界の広さと口、顎周りの開放感はフルフェースでは絶対に得られないものです。

 ヘルメットのサイズは、これまでと同様にLサイズとしましたが、高速走行で横を向いても、強風で振られるようにこともなく、フィット感に問題はありませんでした。

 

 このヘルメットで気に入った点をまとめると、

1 価格の割には、作りがしっかりとしている。

2 インナーサンシェードが下方まで降りてきて、視野全体をカバーしてくれる。

3 シールドが上下方向に長く、顎までカバーしてくれる。

4 インカムの取り付けがしやすいように工夫されている。

5 ヘルメットの紐が片手で引っ張るだけで外れるように工夫されている。

 

 テスト走行の結果、格別気になる点もなく、価格の割には満足のいくジェットヘルメットが購入できました。

araiやshoeiとの価格差は、耐久性にあるのかもしれませんが、ヘルメットそのものの耐用年数がわずか3~5年ならば、安いヘルメットを耐用年数内に定期的に買い換えた方が安全と言えるかも?

これからしばらくは、GT-AIRの出番がなくなりそうです。

 

 

 

ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

新しいヘルメットがやってきた!

Img_6574

 

 バイクライフにリターンして早9年が経ちました。

 リターン後の初代の相棒はホンダリード110、2代目はヤマハセロー250、そして現在の相棒スズキGSR250Sが3代目となっています。

 この間、 ヘルメットもバイクに合わせて、OGKのヘリオスⅡ(ジェット)、SHOEIのJ-STREAM(ジェット)、そして、2017年からSHOEIのGT-AIR(フルフェース)になっています。

 

 バイクのヘルメット選びで定説となっているのか?よくわかりませんが、

  ● バイクヘルメットの寿命は長くて5年?

  ● ジェットヘルは、顔面の保護がないので、安全性に劣る?

 

 夏場になると、さすがにフルフェースは暑い!

ということで、J-STREAMの出番となるのですが、先日、ついにインナーが朽ちているのを発見!が~~~ん!

このジェットもすでに購入してから7年が経過、耐用年数が過ぎている?

 

 ということで、新たなジェットヘルを物色し、昨日届いたのが写真の「OGKカブトのEXCEED」ARAI、SHOEIへのこだわりはなく、コストパフォーマンスを考慮した結果です。

カラーは、夏らしく白にしようかと思ったけど、結局GT-AIRと同系色にしました。

 

 さっそく、インカムを取り付けてのテスト走行に出かけましたので、結果については後日報告いたします!

 

 

 

ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

GSRS君をリフレッシュ!

Img_6551

 

 愛車GSR250S君もこの7月で早4年目を迎えました。

 総走行距離は3年間でおよそ34000km、前回前輪タイヤだけを交換してから4000kmを走っています。

後輪タイヤの使用距離は19000km、いやあ、よく持ってくれました。セロー君の頃と比べると約2倍の長持ちです。

スリップサインは出ていないけど、さすがにもう限界、トレッド面に小さな裂け目が出ています。

 ということで、バイク屋さんにGSRS君を持って行き、予定どおり、後輪タイヤと共に、チェーン、前後スプロケット、エアフィルターの交換、ついでに毎年きちんと行っている1年点検をお願いしました。

 

 

Img_6548

 これは、交換前のドリブンスプロケット、まだ、使えそう?純正の鉄製スプロケットの耐久性はさすがです。

今回、最も厳しい状況にあったのはチェーンでした。部分的に固着が認められ限界を感じていました。チェーンの500km毎の清掃、注油など、よく手入れをしているつもりですが・・・。

 

 せっかく、チェーン、前後スプロケットを同時に交換するのだから、前スプロケットを純正の14Tから15Tにしたい!

GSR250やV-STROM250のオーナーさんのブログなどで、高速でのエンジン回転を下げたい等の理由で、15Tへの交換が流行しているようなので、私もと思っていたのですが、よくよく考えてみると、GSRS君に適合する15Tの国内販売ドライブスプロケットはジュラルミン製、鉄製がないので耐久性に問題がある・・・。1万キロ毎に交換というのも面倒だし・・・。ということで今回は見送り、前後とも純正スプロケットでいくことにしました。

 

 

 

 

Img_6545

 これはようやく交換したエアフィルター、3万キロ使った割には予想したほど汚れていない?

前車のセロー君のエアフィルターは、真っ黒だった上に枯れ葉などがたくさんありましたが、さすがにオンロード車は違いますねえ。

GSRS君のエアフィルターは、燃料タンクの下にあるため、ハーフカウル、燃料タンクをすべて外さなければ出てこないので、カウルの脱着工賃が高い!

 

 1年点検の結果、特に大きな問題はないとのこと、次に消耗尾部品を交換するとしたなら、後ろのブレーキパッドとのこと、まあ、次の点検まで頑張って持たせましょう!

 

 これでGSRS君の整備は万全、いつでも北海道ツーリングに出発できるのに、残念ながら今年の夏は10連休がとれそうもない・・・とほほ。

 

 バイク屋さんからの帰り道、明らかに乗り心地がよくなっている!

最近、路面からのショックが大きく感じられていたけど、ひょっとしたら古い後輪タイヤのせいだったのか? 

 

 

ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

別府・阿蘇キャンプツーリング(3日目)

Dsc06782-1_20190708190201

 

 「キャンプツーリング3日目の報告はまだか?」

と、毎度お馴染みのN吉先輩から催促が・・・。

 つたない記事を読んで頂けているようで、ありがたいお言葉ですが、実は3日目は自宅に帰るだけで、わざわざ報告できるような内容がなく、このままないことにしようかと・・・。

 

Img_6441

 服掛松キャンプ場で迎える3日目の朝、午前5時に目覚めると、テントやバイクは朝露でびっしょり、キャンプ場は霧に包まれて幻想的な雰囲気です。

 広いサイトを独り占め?寂しい夜でしたが、不安もなくぐっすりと眠れました。

 朝食を済ませた頃に、お日様が顔を出してくれたので、テントを乾かすことができました。

 午前8時過ぎに撤収作業を終え、キャンプ場を出発です。

 

 この服掛松キャンプ場、広くてきれい、温水シャワーもあり、とてもよいキャンプ場なのですが、最後に一つだけ不満が・・・。

それは、自分が出したゴミは自分でお持ち帰り!つまり、ゴミ捨て場がないこと。

最近、こういうキャンプ場が増えていますが、個人的にはちょっと不満!無料キャンプ場であれば当然と思えるのですが、有料キャンプ場だったら、ゴミの回収費用もプラスした料金設定にしてほしい!

 ちょっと残念でした。

 

Dsc06787_20190709095601

 高森に戻り、南阿蘇村から阿蘇吉田線を上り、再び阿蘇山上へと向かいます。

 前日に撮影したポイントで再度休憩、のんびりと草を食みながら過ごす赤牛達を眺めます。

 

 

Dsc06794

 望遠で撮りたいけど、手持ちのコンデジではこれが限界、そういえば、最近はデジイチの出番がまったくない!防湿庫に長い間入れたまま、はたしてカメラは正常に動くのか?ふと心配になってしまいました。

 

 

Dsc06806

 草千里に到着です。

朝早い時間なので観光客もほとんどおらず、すばらしい眺めを満喫できました。

 

 

Dsc06801

 米塚と外輪山です。

外輪山の山肌が崩れているのがわかりますが、ラピュタの道もズタズタになって、もう走ることができないのが寂しい・・・。

 

 

Dsc06821_20190709181201

 帰りにも大観峰に寄ってみました。

いつもの場所で、根子岳をバックにGSRS君の記念撮影です。

 

 

3_20190708200501

 自宅までの帰りは、大観峰からR212を北上、日田から山国川沿いを走り、道の駅やまぐにで毎度お馴染みのうどんバイキングで昼食を済ませます。

 その後、ちょっとしたアクシデントがあり?

小倉東ICから高速で小郡ICまで帰るという計画にないルートを走ることに・・・。

 この日は強風で、高速道路を走っている間は珍しく怖かったけれど、どうにか無事に帰宅、無事故無違反で3日間のキャンプツーリングを終了しました。

 

 3日目走行距離 344.8km、総走行距離 865.9km

 

ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ