パソコン

2016年8月 2日 (火)

windows10 無料アップグレードが終了しました。

Windows10

 

 


 windows10の無料アップグレードの期限は先月の28日まででしたが、windows VISTA、7、8のPCをお持ちだった皆さんは、期限までに無事アップグレード作業を完了されたでしょうか?

 microsoftが新しいOSを無料で提供するということで、いささか驚きましたが、もはや、スマホの世界では無料アプリが当たり前、これに倣ってということしょうか?

 これまでの長い間、windowsパソコンのOSや各種ソフトの購入に費やしてきた多額の出費を思うと嘘のような時代になりました。

 

 ただ、今回のアップグレード、無料だからと言って、すぐに飛びつかなかった人も多かったのでは?

 我が家も、長い間様子をみていましたが、本年5月にようやく決心し、2台のwindows7機のアップグレードを行いました。

 このアップグレード作業では、個々のPCの状況によってはトラブルが起こったりして、うまく作業が完了しなかった方々もあったようですが、我が家の2台は無事windows10となって、しばらくは快適に動いていました。

 

 ところがファイルの更新作業の影響か?先月から1台のwindows機の正常起動ができなくなりました。

 リカバリーしようとして困ったのが、windows10になってから、アップデートが原則自動となっていて、任意に更新ファイルの選択ができなくなっていることでした。

 ファイルの更新に失敗しているのに、復元作業をしてどうにか正常起動させても、しばらく使っていると、自動的に失敗している更新ファイルの設定をしてしまうので、終了させて次に起動しようとすると失敗、無限ループ状態に陥ってしまうのです。

 いろいろと対応策を探してリカバリー作業をやってみましたがうまくいかず、とうとう最後には正常起動の道も断たれてしまいました。

 残る方法はただ一つ!

 そう、PCの初期化です。つまり、新規購入の状態に戻すことです。

 スマホも同様ですが、PCの場合は、スマホ以上に初期化には勇気が必要です。

なぜなら、この初期化作業によって、自分がインストールして設定した各種ソフトだけでなく、ドキュメント、画像、音楽などの自分の貴重な財産であるファイルもすべてなくなってしまうからです。

 仕事がら、バックアップはとっているつもりですが、それでも漏れはあるので、できるだけ初期化はしたくないというのが本音です。

 ところが、このアップグレードしたPCの初期化について調べてみると、おもしろいことがわかりました。

 7や8から10にアップグレードした場合、初期化しても7や8には戻らず、10のままであること、そして、嬉しかったのは初期化作業に入る時、各種ドキュメントや画像、音楽ファイルなどは残したい場合は設定によってOKとなることでした。

 初期化がうまく成功しても、元の状態に戻すまでは、各種の設定、アプリのインストールなどでかなりの時間がかかります。

 

 この騒ぎの間、もう一台のノートPCの方もおかしくなってきました。
どうやら、こちらもシステムファイルの自動更新が原因のような気がします。

 windowsの8までは、システムファイルの更新の失敗、さらにこれが原因でリカバリーが難しい状況に陥るなどなかったような気がするのは私だけ・・・?運がよかった・・・?

 それとも、無料で10にアップグレードさせて、ファイルの更新でエラーを生じさせ、簡単にはリカバリーできない状況にしてPCを新たに購入させるmicrosoftやパソコン業界の作戦だったのかな・・・?

 パソコン、売れていないからなあ・・・。

 

 

 ポチッとクリックをお願いします!

    ↓

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

古いDVDレコーダーのハードディスクを再利用!

20277010131_2

 

 

 以前から処分しなければと思いながら放置していた10年以上前に購入したDVDレコーダーが目に止まりました。


 なぜ放置していたかと言うと、壊れてしまってHDに録画している内容を確認することができず、迂闊に処分できなかったのです。

 ひょっとしたら再生できるかもとテレビにつないでトライしてみたけれどやはりダメ、そこで今回は本体を分解し、中のHDを取り出すことにしました。

 ネジを4本外しただけで簡単に本体上面を取り外すことができ、HDも4本のネジとソケットを外すだけで取り外すことができました。

 外見は、ごく一般的な3.5インチサイズのHDでしたが、よく見てみると何分古い機械に使われていたHDなので、なんと規格がIDEでした。

 これでは、すぐに今のパソコンに繋げることができないため、パソコン工房に電話して、データ消去作業ができるか聞いてみたら、何と4千円かかるとのこと、高い!

 それならば、IDEのHDをPCに繋げるよう、3.5インチサイズのHDケースを購入し、初期化して外付けHDとして利用できるようにしよう!

 

 

Package_idecase35_big

 ネットでHDケースを探したら、最も安いものは2千円以下で見つかり、早速ポチッと購入、ケースに取り付けてPCのUSBソケットにつなぎます。

 ところがすぐにはドライブを認識しません。
そりゃ当然、DVDレコーダーで使っていたのだからちょっとした作業が必要となります。
詳しい説明は省略しますが、興味のある方はネットで調べてみてください。そんなに難しい作業ではありませんよ。

 初期化作業等が無事完了し、外付けHDとして再利用できるようになりました。これでHDを取り外した本体を廃棄処分にできます。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

パソコンの不調?サウンドカードを取り付けました。

Soundblaster9997

 

 

 久しぶりのパソコンネタです。

 昨年末から我家のデスクトップのメインパソコンの電源が突然落ちてしまうという不調が何度か起こりました。

 電源関係のトラブルか、メモリか、それともデバイス関係か?
久しぶりにパソコン本体の箱を開いて内部のホコリを取ることから始め、いろいろと原因を探ってみましたが、決定的な原因の解明には到りませんでした。

 このPCは、購入してからすでに4年を経過していますが、当時としてはハイスペックマシンで、動画編集を行うことからメモリやグラフィックカードを増設していました。
 ただ、サウンド関係は、高音質を必要としなかったので、一般的なオンボードでの対応で済ませ、格別高性能のサウンドカードは取り付けていませんでした。

 1年前頃から右チャンネルの音量が不足するようになり、ノイズも目立つようになりました。スピーカーが原因なのか?とも考えましたが、他のスピーカーをつないでも同じ結果だったので、これはマザーボードのトラブルだろうと推測したものの、面倒なのでそのままにしていたのです。

 ひょっとして、これが電源落ちの原因かも?

 ということで、今回、サウンドカードを取り付けることによってトラブルが回避できるかチャレンジしてみることとし、安価で最も一般的な「Sound Blaster Audigy Fx SB-AGY-FX」というカードをamazonでポチッてみました。

 

 

K0000572677_3
 取り付けは極めて簡単でした。
デスクトップPC本体の側面パネルをはずし、PCI-Expressソケットに差込み、ネジ1本を締めるだけ、あとは付属のCDからドライバ等のファイルをインストール、スピーカーをつないで再起動です。

 緊張の一瞬でしたが、無事音楽がスピーカーから流れてきました。
付属のソフトでいろいろと調整したら、オンボードの時よりも音質が向上したような?気のせいかな?

 あれから1時間、音楽を再生し続けていますが、目だったノイズもなく、パソコンが突然落ちることもありません。しばらくは、様子見です。

 

 

2bbb3dqw3j_0_5

 ついでに気になるのは接続しているスピーカー「BOSE Companion 2 series II」です。
購入してから5年以上経過しており、ボリュームからのノイズが大きくなるなど、かなり気になる点が増えてきており、これもそろそろ寿命かもしれません。

 次は、安価でそこそこの音が出るPC用スピーカーを探すことになりそうです。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとクリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

「@niftyビデオ共有」サービス終了

 先日niftyから一通のメールが届きました。

 重要とあったので、珍しく?読んでみると、これまでniftyが提供していた「@niftyビデオ共有サービス」が6月末で終了するというのです。

 しかも、ここにビデオを投稿し、ブログ等にリンクを貼っていたりすると、それもサービス終了後には見ることができなくなるとの一方的なお知らせでした。

 最近のビデオ投稿はもっぱらyoutubeなのですが、以前は山頂からの風景などの動画をこのビデオ共有に投稿しブログに貼り付けてました。

 6月末までにすべての動画のリンクを削除し、youtubeにアップし直して貼り付けるという面倒くさい作業をしなければなりません。

 老舗niftyの経営状態はあまりよろしくないのかな?なかなかこの世界も生存競争が厳しいようですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

シリコングリスの威力恐るべし!時にはPCの掃除を!

Photo_2  今時デスクトップパソコンを持っているのは、処理速度を競うゲーマーか、業務で使用する者いずれかであろうが、恥ずかしながら私も後者の端くれであるので、数年前に購入した大きな箱が部屋にデンと居座っている。


 大きな箱を空けてみると、その中はガラガラで、ハードディスクなどの機器をたくさん内蔵できるスペースがあり、ノートパソコンと違って機器の増設や交換などが容易にできるので、長期にわたって使えるメリットがある。

 ところで、この大きな箱は、掃除をせずに使っていると、いつの間には埃でいっぱいになっている。とりわけ、人間の脳に当たるCPUの上に鎮座している冷却装置の金属フィンの間には、綿埃がびっしりと詰まっていてびっくりする。多くの場合は、以前よりも頻繁にファンが回り続けて音がうるさいことで気がつく。

Photo_3

 埃が固まって空気の逃げ場がなくなると当然冷却能力が堕ちてしまうので、CPUの性能は低下し、ファンはブンブンと回り続ける。

 フィンの間の綿埃を取り除くには、冷却装置を取り外して反対側からエアで吹き飛ばすのが一番である。

 但し、この冷却装置の取り外し、取り付けで忘れてならないのがシリコングリスの存在である。

 取り外してみると、冷却装置の下側の金属部分は何か薄汚れたような感じになっているが、これがCPUが発する高熱を冷却装置に効率よく伝えるために塗られているシリコングリスである。

 これがあるとないとでは大違い!
グリスを塗らないまま取り付けてしまうと、CPUが発する高熱をうまく冷却装置に伝えることができず、すぐにCPUの温度が上がってしまい、何のために掃除をしたかわからなくなってしまう。また、パソコンの寿命にも重大な影響を及ぼす。

 したがって、掃除が終わって冷却装置を再度CPUの上に取り付ける際は、古いグリスをきれいに拭き取って、新しいグリスをむらなくきれいに塗って取り付ける必要がある。

 なお、この時に注意しなければならないのは、冷却装置を強く押しつけ過ぎてCPU本体を壊さないことである。

 このシリコングリス、1回の塗り替えに必要な量は、わずか1グラム程度であるが、これが結構高価である。
安いものは1回分200円ちょっとで買えるが、銅や銀が含まれて熱伝導性の高い高級品は千円を超えるものもある。

 この作業が無事終わると、うるさかったファンの音はピタッと止み、静かで快適に動くパソコンに生まれ変わる。

 なんでこんな話をするかと言うと、実は今日この作業を無事終えて、あまりに快適になったパソコンに感激してついつい嬉しくなって書いてしまったんだよねえ。あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

WordPressでブログサイトを作ってみました。

 以前から、基本はブログでありながら、固定ページが作れ、まるでホームページのようなレイアウトができるという、Movable TypeやWordPressに興味があったものの、ついそのままにしていました。

 今回、ふとしたことから思い立ち、試しにブログを作成してみることにしました。
日本では、Movable Typeの方が早くから普及していたようですが、無料で利用できないようになったらしいので、Word Pressにチャレンジしてみました。

 レンタルサーバーへのインストールは、いささか手こずったものの、どうにか成功し、まずは、ライブラリから既成のテーマをダウンロードし、CSSを少し修正して自分好みに仕上げてみました。

 操作は、日本のプロバイダーが提供するブログサービスと大きな違いはないものの、むしろ、こちらの方がWEB上での操作が早いなど、意外にも快適なレスポンスに感激しました。

 もう少し勉強が必要ですが、これなら1から作成しなければならないホームページにさほど劣らないものができるのではと期待しているところです。

 さて、作成したのは、昨年から始めた山登り専用のブログ「元気だから山歩き」で、これからは、山に登った際の記録は、こちらに掲載することにするので、よろしくお願いします。

ブログのURL   http://kobo-smap.sakura.ne.jp/wordpress/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

モバイルノートPCが生き返りました。

 およそ2週間前に修理に出していたパナソニックのLet's NOTE W2 CF-W2DW6AXRが返ってきた。修理の内容を見ると、マザーボードと液晶ディスプレイを丸ごと交換したように書いてあった。これが有償修理だったらいくら取られるんだろう?10万円前後は請求されるかな?今回は5年保証で修理は無料、ありがたや!ありがたや!
 さっそく起動させてみると、ハードディスクは出荷状態となっており、最初からのスタート、無線LANの設定や各種ソフトのインストールなどで時間がかかる。それにつけても面倒なのがWindows XPの更新作業である。service pack3に行き着くまで、ファイルのダウンロードとインストール作業でいったいどの位の時間がかかっただろうか?
 作業中の画面を見ていると、やはり3万円台のミニノートとは違い、画面の縦サイズが長いので、とても見やすい。さすがに12インチである。購入当時は、液晶画面がどうもピンク色がかった色味で気になっていたが、交換されたためか、今度は特に気にならない。いや、以前よりもきれいになっているような気がする。同じ液晶パネルではないのかもしれない。
 このPCがまともに動くようになったので、今後はミニノートの活躍の場がなくなってしまうのではないか、どう使いわけようか?嬉しい悩みである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

モバイルノートPCが生き返る?

 およそ4年前、持ち運びができ、長時間のバッテリー駆動が可能なモバイルPCが欲しく00200412015 て、パナソニックのLet's NOTE W2 CF-W2DW6AXR を購入した。価格は20万円近くだったと記憶している。
 ところがこのPC、北海道や信州など、長期旅行に持って行ったり、かなり使いこんだためか?1年前に正常起動しなくなり、故障の原因をいろいろと調べたが、最終的にマザーボードの交換が必要との結論に至った。修理に出せば、とても5万円以下では済まないので、結局修理には出さずに放置状態、替わりに安いASUSのミニノートを昨年末に購入して使っていた。

 数日前、電器製品の購入に当たり、長期保証のことを調べていたら、何と、このパナソニックのPCの5年保証書というのが出てきた。購入時に高額なPCであるからとの思いで、5年保証に入っていたことをすっかり忘れていたのである。
 さっそく、購入した大型電機店に行き修理を依頼したが、電機店での修理受付は実にスムーズであったものの、修理を担当するメーカーは無事このPCを無料で生き返らせてくれるだろうか?修理には2週間かかると言われたが、この結果が楽しみである。もし、無事生き返ってきたら、5年保証の有り難みを知ることとなるのだが。ただ、そうなると、昨年12月に購入したミニノートPCが無駄になる?

 みなさん、高額な電機製品を購入する時は、少々お金がかかっても、必ず長期保証をつけましょう!そして、長期保証を付けたことを覚えておきましょう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

skypeって?

 これまで、1、2度耳にしたことはあったけれど、格別興味を引かず、勉強してみることもしませんでした。

 今回、新たにミニノートPCを購入したのは、前述のとおりですが、このミニPCにskypeのソフトがプリインストールされ、しかも130万画素のビデオカメラが付属しているということで、どんなものか試してみることにしました。 

 一言で言うと、インターネットでテレビ電話ができるということなのですが、我が家の他のパソコンには、ビデオカメラは勿論、マイクもないため、引き出しから昔使用していたヘッドセットを探し出してきて、ノートパソコンに接続しました。さらに、skypeのソフトをダウンロードして設定をすませ、skype名を入力して相手を呼び出してみたところ、何と!一発でつながり、ミニノートに付属しているカメラからの映像がもう一台のノートPCに映っているではありませんか!いやあ、簡単でしたね。

 感激!と言いたいところですが、あいにく私及び我が家の状況では、このテレビ電話の必要性が乏しく、今後活用する予定もないため、あくまでも便利なものがあるねえということで終わりそうです。若い恋人同士、特に遠距離恋愛のカップルなどには重宝するかもしれませんね。何よりも無料というのはお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

流行の低価格ミニノートPCを買いました。

 昨年から、小型の低価格PCが台湾メーカーから発売され、日本でも徐々にシェアを伸ばしているのを横目で眺めていましたが、先月頃から研究を始め、ついに今週木曜日にヤマダ電機にて購入しました。

 最近では、台湾などの外国メーカーだけでなく、NECや東芝などの日本メーカーもミニノート分野に参入し、あっという間に多くの種類が発表されました。ユーザーにとっては、嬉しくも悩ましい状況となり、いったいどの機種が自分の用途に一番合致しているのか?

 私の場合、ミニノートに求める条件の第一は、低価格であること!当然です。次に、PCとしての基本性能がしっかりしていること。キーボードのピッチが狭く、入力しにくかったり、ディスプレイが小さすぎて見にくかったり、小型軽量化を図るために、使いづらくなっているモデルは論外、さらに、デジイチのデータを保管できる記憶容量が確保されていること(現状では、ハードディスクモデルでないと無理)などから、最終的にASUSのPC1000HAに決定しました。

1000h_3   このモデルは、ヤマダ電機バージョンで、いくつかの機能が省略され低価格となっていますが、省かれた機能は私にとって必要のないものであり、かつ、ミニノートのジャンルでは最も重いとされる弱点も、移動のほとんどが自動車で、持ち歩く機会がほとんどない私にとって、デメリットとなるものではなく、最良のマシンと考えられました。

 さて、購入直後から、いろいろなソフトをインストールし、数日間使用してみた正直な感想ですが、老眼で大きなディスプレイでないと文字が見えない、また、動画の編集など、CPUに大きな負荷がかかる作業をPCで行う、そういった人は別として、多くの人にとって、何の不足もないマシンに仕上がっている、10万円以上の大金を支払って、高いPCを買う必要などない!それが率直な意見です。

雑誌などでは、あまりに低価格ノートが売れるようになっては困るとのメーカーへの配慮かどうかわかりませんが、ミニノートの能力を過小評価して、インターネット、メール等に特化したもので、年賀状印刷も難しいなどと書いているものもありますが、いい加減な記事に惑わされてはいけません!

 今回、ミニノートを購入する羽目になったのは、4年前に購入したパナソニックの12インチノートが壊れたからですが、20万円以上もした高価なPCが3年半で壊れたことを思うと、わずか4万円のこのPC、1年で元が取れる計算になります。

 まだまだミニノートの分野は、ニューモデルラッシュが続き、PC全体に占めるシェアも高まっていくものと思われますが、とりわけ、SSDの低価格化が進むことにより、容量が足りないとして敬遠されているSSDマシンが主流になっていくのかもしれません。我がマシンも、SSDの低価格化が進めば、HDDからSSDに載せ替えることになりそうです。長期の撮影旅行が待ち遠しい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)